蛇研裏話
(財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
老齢のペットヘビの死
 今ではペットのヘビが毎年何匹か警察などから入ってきます。20年近く前に白いコーンスネークが埼玉の警察から来たのが最初だったと思います。来たときには成蛇でしたので、25歳くらいにはなっていると思います。年をとって片眼が白内障になり、その後もう一方も白内障なりました。餌はにおいで探せますので、よく食べていました。何年か前から動きはあまり良くなかったのですが、今年に入って皮膚の状態もかなり悪くなりました。そして、数日前に死んでしまいました。来たときからかなり慣れていて、また、長く飼育し、ハ虫類教室などイベントでも役に立ってくれましたので、かなり愛着のあったヘビです。心から感謝したいと思います。

 現在は、白いコーンスネークだけでなく、白いクロネズミヘビ、テキサスラットスネーク、カリフォルニアキングスネークなどもいます。ボアやボールニシキヘビ、時にはペットの毒蛇もやってきます。その他イグアナやカメレオン、オオトカゲ、ワニガメ、ケヅメリクガメなどもしばしばやって来ますので、ペットのハ虫類は珍しくなくなりました。ただ、逃げられたり捨てる人が増えたのも現実です。2mほどの白いニシキヘビも逃げていることがあるくらいで、何が外にいても不思議でないかもしれません。

いずれにしても逃げられないように、そして最後まで飼育してあげてください。

By A.S.
FC2 Management
桜満開
現在、桜満開です。これから満開になる木もありますので、今週の日曜日の白蛇観音供養祭の日まではきれいな桜が見られます。その後、しばらくしてからボタン桜も咲きますので、しばらくは園内もにぎやかです。野外飼育場ではマムシだけでなく、シマヘビも出てくるようになりました。4月下旬から5月上旬にはシマヘビのオスがメスを追いかけている様子も見られます。時には交尾をしていることも。

そろそろマムシも出てくる季節になりました。マムシ対策研修講座も始まりますので、是非ご参加ください。

 By A.S.       写真をクリックしてください。

DSC02466.jpg
またも休園
先週、初めて休園したことを書きましたが、またも休園することになりました。今回は職員すら出勤もできませんでした。119年ぶりの大雪ということでした。先週が45年ぶり、その倍も積もれば身動きもできません。雪国からみればあまり大したことはないかもしれませんが、70cmも降ればとても対応できません。明日は何とか出勤できると思いますが、来園者の見学通路を確保できませんので、申し訳ありませんが、明日も休園させていただきます。

家でも職場でも除雪作業。肉体的には鍛えられますが、2週続けてはさすがに体に応えます。

他の動物園では大変だと思いますが、ほ乳類と違って毎日エサを与えなくてもよいのが爬虫類のよいところです。
通路が確保できたたらまたご来園下さい。お待ちしております。

By A.S.
初めての休園
私が蛇研に入ってから30数年経ちますが、台風や雪の時でさえ休園したことはありませんでした。台風は直撃したことはほとんどなく、いつも少し外れていました。雪が降った時は少し早く閉館したことはありましたが、翌日はみんなで除雪をして、見学できるように通路を確保しました。
ただ今回はさすがに雪も多く、除雪も追いつきませんでした。翌日も見学通路が確保できなかったために、見学者の安全のために休園にしました。9日は5時間ほど、10日も数時間除雪をしていたため、さすがに少し疲れました。
厚生労働科研研究費の研究班で行っている研究の報告書も14日には提出しなければならないため、10日は4時くらいから実験もしました。なんとか結果が出たので、気分的には少し晴れています。

10日(月)は天気がよく、見学者も少し来られました。11日は通常通り開園し、彩毒やハ虫類ふれあい体験教室なども行いますので、是非お越しください。園内だけでなくセンターまでの道路にも雪はありませんので、安心して見学に来てください。お待ちしております。

By A.S.
雪は降っていません
スネークセンターはもちろん群馬県にありますが、ここは太田市で、群馬県でも南にあります。群馬というと雪の降るところだと思っている人がいますが、こちらの方はほとんど降りません。雪が積もるのは1年に1,2回です。写真は赤城山です。比較的近くですが、1600mもあるので12月初旬から積もっていることがあります。もちろん北部へ行くとスキー場もあり、谷川岳などはかなり積もります。

今の時期はもちろん屋外飼育場のヘビは冬眠していて、4月くらいまでは見られませんが、温室のヘビはいつでも見られます。1月は「ヘビの名前を当てて商品をゲット」などもあります。もちろん白いヘビとの記念撮影などもありますので、ぜひお越しください。

珍しく赤城山がくっきり見えていましたので、写真を撮ってみました。

By A.S.     写真をクリックしてください

DSC02402-2.jpg
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.