蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ぬくぬく日光浴
 今日は風が強く、特に寒く感じます。風は強くても、日が差している室内は暖かいので、イグアナを日光浴に連れて行きました。この部屋に見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。「爬虫類ふれあい体験教室」や「マムシ対策研修講座」で使っている研修室です。
 写真のイグアナは、この半年でとてもおとなしくなりました。抱っこやおんぶも上手になったので、研修室に連れていき、マットを敷いて日光浴をさせています。マットの上は床よりも熱を吸収しやすく暖かくなるので、日光浴に満足するまではマットの上から動きません(笑)。気持ちよさそうに手足をのばす様子は、なかなか可愛いものです。
 春までには、この部屋になれてもらい、イベントに出てもらおうと計画中です。

日光浴





気持ちよさそうに日光浴をするグリーンイグアナ

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
2016/02/10(水) 16:15:29| 飼育日記| トラックバック(-) コメント(-)
冬のヒメハブ
 ふと、最近の裏話を読み返してみると、イグアナやカエルの事ばかり書いて、ヘビの話を書いていませんでしたね。今日こそはヘビの話を。
 私は、野生動物を専門としていますが、この時期に野生のヘビを探しに行くことは、あまりありません。しかし、学生時代は、冬であろうと野生のヘビを探すために遠征したものです。ということで、冬でも観察できるヘビ「ヒメハブ」を紹介したいと思います。

 ヒメハブは奄美・沖縄地方に生息している毒蛇です。ずんぐりとした太短い体をしています。日本には「ハブ」と名のつくヘビは5種類います。ハブ・サキシマハブ・タイワンハブ・トカラハブはハブ属(Protobothrops)に分類されていますが、ヒメハブはヤマハブ属(Ovophis)に分類され、違ったグループに分類されているのです。
 ヒメハブは、寒い時期にもよく見つかります。逆に言えば、暖かい時期に見つけることの方がちょっと難しいです。爬虫類というと、暖かい時期に活動すると思われている方も多いのですが、そうではない種類もいるのです。なぜヒメハブがまだ温度の低い時期に活動するのか? 不思議ですよね。これには、理由があります。ヒメハブがエサとしているカエル類の中には、寒い時期が繁殖期のものがいます。つまり、卵を産むためたくさんのカエル達が水場に集まってくるんですね。このカエル達を狙って、ヒメハブも水場に集まってくるようなのです。面白いですよね。

ヒメハブ   ヒメハブ沢 





 太短い体が特徴的     水場で獲物を待つ様子

 スネークセンターでもヒメハブを展示しています。野外ではあまり見ないサイズ(なかなか太い個体)です。南へ遠征したい気持ちは、この展示しているヒメハブを見て抑えようかな…。いや、見てるともっと遠征したくなってしまう。

by たかちほ男爵
2016/02/03(水) 17:28:49| フィールドワーク| トラックバック(-) コメント(-)
コメント投稿に関して変更のお知らせ
いつも「蛇研裏話」を愛読下さり有り難うございます。
最近、当サイトにおきましてスパムコメントと思われる投稿が分単位で投稿されておりました。
よって当面、コメント投稿およびトラックバック設定を「許可しない」設定にさせて頂きました。
ご迷惑をおかけするとは存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

一般財団法人 日本蛇族学術研究所
2016/02/01(月) 16:41:14| 研究室より| トラックバック(-) コメント(-)
新種のマムシ
先日、お休みの日にネットサーフィンをしていた最中、こんな記事を見つけました。
車にひかれたヘビ、実は新種だった、キルギス高地
標高3000mの山岳地帯の道に貼り付いていた死骸から新種の毒ヘビを発見
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012000019/
21世紀に入ってもこんな発見があるって、何だか嬉しいです。
これでGloydius属は14種になったわけですが、
このうちニホンマムシ(Gloydius blomhoffii)とツシママムシ(G. tsushimaensis)の2種が
日本にいる種となります。

by のら
2016/02/01(月) 11:10:41| その他| トラックバック(-) コメント(-)
本日は、大雪の影響で臨時休園となってしまいました。
太田市藪塚周辺にも多くの雪が積り、一面雪化粧となりました。
職員総出で雪かきの一日となり、なかなかのいい運動でした(汗)。

yuki1.jpg  yuki2.jpg





雪かきが一段落した後、日課であるイグアナの散歩のため採毒室に行き、様子をみていましたが、どうやら外の雪が気になるようです。普段であれば室内を動き回ったり、メスのイグアナに会いに行ったりすることが多いのですが、今日は不思議そうにずっと外を眺めていました。何かいつもと違った外の様子がわかったのかもしれません。

yuki3.jpg





下の記事にもあるように、1月からヘビが見つかるほど暖かい冬でしたが、一変して大雪と、なんとも不思議な冬ですね。
今後しばらくは、路面が凍結する可能性がありますので、早朝に出かけられる方は十分に注意してください。

by たかちほ男爵
2016/01/18(月) 23:21:07| 園内での出来事| トラックバック(-) コメント(-)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.