蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
大根への挑戦
 大きな大根を頑張って食べようとしていたオスのイグアナ。何度も挑戦しますが、イグアナの口のつくりでは上手に食べられません。結局、少しだけついていた葉の部分を食べてあきらめていました。大根の葉や小松菜などのアブラナ科の植物をエサとして与えていますが、根の部分は与えたことがありませんでした。それでも、白い根の部分も食べられるものと判断したようですね。
 園内のアブラナ科の植物は、種子ができ、枯れてしまいました。種子はたくさんとれましたので、今年の秋になったらまた畑で育てる予定です。

写真は、大根としばらく格闘した後の様子。どうやって食べようか考えているのだと思います。


by たかちほ男爵
スポンサーサイト
ヤマカガシとハンモック
 ヤマカガシの引き取りを警察から依頼されることがあります。見つけても捕まえずにそってとしておくか、もともと棲んでいた自然の中に返してあげてほしいのですが…。
 今年、引き取ったちょっとと大きめのヤマカガシですが、鼻先が少しすれてしまっていることもあり、ケージとフタの間にやわらかいメッシュの布をはさんで飼育しています。フタでの鼻先のすれ防止のためです。 先日、布の一部が外れていたようで、その上にヘビがいました。まるでハンモックに乗っているかのよう。体のほとんどは布の上にあり、うまくまとまっていました。しばらく様子をみていましたが、何時間も同じ場所にいるので、居心地は悪くないのかもしれません。
 写真は横からと正面から撮影したものです。ヤマカガシは、正面からみると可愛らしい顔をしています。

yamaha.jpg    yamaha2.jpg





※ 念のためですが… ヤマカガシは、特定動物のため許可なく飼育することはできません

by たかちほ男爵
イグアナを飼育すると、人はどんなケガをするのか
  グリーンイグアナを飼育されている方は、多かれ少なかれケガをしていると思います。
最も多いのは、爪によるひっかき傷でしょうか。爪を切っていても、私たち人間の皮膚は弱いので傷ができてしまうことがあります。
 発情期のオスに咬まれてしまうという話をよく耳にします。私は、まだ直接咬まれたことはありませんが、病院に行くほどの大ケガをされる方もいらっしゃいます。大きなオスでは、縫わなくてはならないほど、私たちの皮膚は深く切れてしまうこともあるのです。
iguhara.jpg
 最近、これまで経験したことの無いケガをしたので、ちょっと紹介しておきます。爪でもなく、咬まれたわけでもなく、イグアナのお腹のうろこで手が切れてしまいました。私の手のひらの一部だけに、イグアナの体重がかかったまま、方向転換をされた時に切れたようです。爪よりもスパッと切れた傷になりました。みなさんも気を付けてください。写真は、イグアナの腹面です。この個体で切れたというわけではないですが、大人しく撮らせてくれるので協力してもらいました。

  イグアナは、とても魅力的な動物ですが、やはり、飼育にかなりの覚悟が必要な動物ですね。

byたかちほ男爵
最近のフトアゴヒゲトカゲ
新しいケージにもすっかり慣れ、すくすくと成長しているフトアゴヒゲトカゲ。面白い写真が撮れましたのでブログにあげておきたいと思います。
futo2.jpg まずはこちら、ケージの中にいるフトアゴヒゲトカゲと放し飼いのグリーンイグアナ♀です。イグアナはいつものように外の様子や来園者の皆さんを眺めながら、だらだらしていますが、フトアゴヒゲトカゲは様子が違います。口を開けたり、喉を黒くして頭を上下させたりしていました。おそらくこれは威嚇とボビングのどちらもが観察できたものだとおもいます。イグアナ♂には全くしませんが、イグアナ♀に対してはいつもやっています。違う種でも、雄雌が見分けられるのかな?それとも別の理由でしょうか?

futo1.jpg 次は、ちょっと可愛らしい写真です。研修生が作ってくれたのぼり木には、1本上に向かってついている細い枝があります。この枝を片手で掴んでいるかのような様子でじっとしていました。UVBライトのすぐ下でしたので、光をたっぷり浴びたかったのでしょうか。最近この部屋では、フトアゴヒゲトカゲの人気が急上昇中です。写真を撮影している方が多いのは、こんな可愛く見えてしまうポーズをきめているためなのかもしれません。


by たかちほ男爵
ついに
昨年末に入ってきたキングコブラ。
ちょっと神経質なところもあり、なかなか周りに「敵」がいると認識すると食べてくれません。
一応、ヘビのお食事タイムでもローテーションには入れているものの、すぐに食べてくれることは今のところなく、
閉園時に食べ終わっていた、ということもしばしば。
でもやはり貴重なシーンは見ていただきたいですし、でも敵がいると食べない。。。
しかし、その日だけしか餌を与えない、という訳でも無く、実は平日の夕方にひっそりと与えることもしています。
それでもちょっと人の気配を感じ取り、その場で食べてくれなかったのです。
ですがついに、先日、そのシーンを撮影することに成功!!
ちょっと動画のファイル自体が大きすぎて、このブログに上げることが出来ませんでしたが、
一応、公式Facebookページ上に動画を上げております。
https://www.facebook.com/362136780806314/videos/416430258710299/
ぜひチェックしてみてください!!

by のら
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.