FC2ブログ
蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
蛇研裏話 最後の投稿
本日、10月31日、2つの企画展「ヤマカガシに咬まれる人を無くしたい展」「蛇研の50年」の最終日を終えました。多くの方にご来園いただきました。誠にありがとうございました。企画展終わりますが、「蛇研50年プロジェクト」はまだまだ続きます!ミニコーナーでの新展示や新しい特別イベントなども考案中です。ご期待ください。
YV86vI8w_400x400.jpg








そして「蛇研裏話」「ヘビ研御意見番」も本日で閉鎖となります。長年のご愛顧どうもありがとうございました。※しばらくはご覧いただける状態が保たれるかと思いますので、昔の記事が気になる方は今のうちです。

「蛇研裏話」「ヘビ研御意見番」の機能は、すでにFacebook・Twitter、新ホームページでのお問合せフォームへ移行しております。

動物達やスネークセンターの情報は、Facebook・Twitterでご覧ください。夏休みや冬休みの特別イベントなどの情報もいち早くご覧いただけます。
ジャパン・スネークセンター公式 Facebook

ジャパン・スネークセンター公式Twitter

ご質問などはお問合せフォームをご利用ください。
お問合せフォーム


今後とも、ジャパン・スネークセンターをよろしくお願いいたします。


(一財)日本蛇族学術研究所職員一同
スポンサーサイト
財団設立50周年
 本日(2018年6月1日)、一般財団法人日本蛇族学術研究所(以下、蛇研)は、お陰様で設立50周年を迎えました。長年にわたり、皆様のご支援、ご愛顧に賜りましたこと、心より感謝申し上げます。

 蛇研は50年前、ヘビ類の研究、ジャパン・スネークセンターでの展示を目的に設立されました。特に、毒ヘビの抗毒素血清の研究・開発による国内外の毒蛇咬症への対策に力を入れてまいりました。現在でも、毒ヘビの研究は継続されております。
 ジャパン・スネークセンターで採毒実演を行い、毒ヘビや毒を間近でご覧いただいているのも、「1件でも毒蛇咬症を減らしたい」そんな50年前からの想いを継続しているものなのです。
50nen.jpg



当時のジャパン・スネークセンター


さて、少し堅苦しい内容になってしまいましたので、話題を変えまして…。今年度は、「蛇研50周年プロジェクト」と題しまして、いろいろな計画が進行中!
特別イベントや企画展などを準備を進めていますので、これからの蛇研にもご期待ください。

このプロジェクトの一環として、ジャパン・スネークセンターの公式Twitterを開設しました。イベント情報や園内の動物たちの様子を投稿いたしますので、よろしければこちらもご覧ください。
ジャパン・スネークセンター公式Twitter


平成30年6月1日 一般財団法人日本蛇族学術研究所 職員一同


研究員募集
 明日より、一般財団法人日本蛇族学術研究所の嘱託飼育職員の募集が始まります。職務内容は、ジャパン・スネークセンターでの、ヘビ類を中心とした動物の飼育管理・イベント運営・施設管理などです。ホームページに募集要項がのっておりますので、興味のある方は確認してみてください。

詳しくはこちら
やたらとヘビに手を出すのはやめましょう
先日、病院からヘビに咬まれた患者の件で電話がありました。この時期に咬まれるのは珍しいのですが、ヤマカガシらしいということでした。聞くと修学旅行中の高校生がヘビに手を出して咬まれたとのこと。今年は小学生がヤマカガシに咬まれて重症化したのが2件、ただ、毒は入らなかったけれどヤマカガシに咬まれたのは10件以上連絡はありました。庭に出てきたマムシに手を出して咬まれた小学生はもちろんいました。とにかく手を出して咬まれるケースは多いのですが、なぜ、高校生が、しかも修学旅行中にヘビに手を出すのか、ちょっとあきれれてしまいました。
ヘビの写真があるということで送ってもらったら無毒のジムグリでした。本当にヤマカガシだったら、修学旅行中に1人入院して検査することになっていたかもしれません。笑い事ですみましたが、わからないヘビや毒ヘビには絶対に手を出さないようにしてください。

By A.S.
財団設立50周年に向けて
勤務して2年が過ぎましたが、いつの間にか掃除・片づけ担当になっています。どういうわけか、スネークセンターには掃除・片づけ・ゴミ捨てができない職員が多かったようで、よくわからないもの(私にはゴミにしか見えないもの)が園内いたるところに放置されているのです。ずっと不思議に思いながらも、使う用途があるのかもなぁっと思って見ていましたが放置されたまま。困ったものです…。

清掃員の方にも協力していただき、少しずつ片づけをしている毎日です。この前だいぶ捨てました(写真)。
gomi.jpg






来年度は財団設立50周年の記念すべき年のようで、やりたい企画や研究もいろいろあるのです。でも、まずは片付けから。きれいな施設で皆様をお迎えできるよう頑張ります!

by たかちほ男爵
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.