蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
秋の田んぼ
最近は、仕事で、スネークセンター周辺のフィールドに出ています。数日前の、とても暖かい日のことです。田んぼに行くと、バッタやカエルがぴょこぴょこ跳ねている横で、「ジャボン」と何か大きなものが水の中に入る音がしました。見てみると水路の中には、なかなか立派なヤマカガシが。平地にしてはいいサイズです。全長で1mぐらいでしょうか。この日は他に2個体ヤマカガシに出会えました。やはり秋はヘビ探しのいい時期です。

ykgs.jpg





いい時期と言えば、ちょっと面白いカエルにも出会えました。ここ何年か、日本でもハロウィンがずいぶんと盛り上がっていますよね。なぜかゾンビや傷メイクも流行っているようですが…。今回出会えたヌマガエルは、なんとハロウィン仕様!「縫い傷模様」を持っていました(左)。ヌマガエルには背中線と言って、背中の真ん中に直線が入るものも多くいます(右)。たまにイナズマ模様などには出会いますが、縫い傷模様は初めて出会いました。成長が楽しみなので、しばらく飼ってみることになりました。この日はもっと珍しいカエルとも出会ったのですが、その話はまたのお楽しみということで。

kznuma.jpg   nnuma.jpg






明日は、白蛇観音供養祭です。
動物の供養の他、いつもと違ったイベントも行われますので是非お越しください。
中学生以下は入園料無料となるようです。
白蛇観音供養祭のお知らせはこちら

byたかちほ男爵
スポンサーサイト
ツチガエル
この夏は、カエルしか探していない気もしますが、出会った動物紹介の続きです。
こちらは、ツチガエル。全国的にみれば何も珍しくないカエルですが、このあたりではもうほとんど見つからない貴重なカエルのようです。私が群馬にきてからの2年間で、300ヵ所ぐらい田んぼなどの水場を見て回っていますが、今年やっと2ヵ所見つけただけです。とても嬉しい発見ではありましたが、このあたりの環境の悪さも実感した夏でした。
ibo.jpg





さて、毎年の事ですが、この時期はシロマダラの問い合わせが急に増えます。それにはちゃんと理由もあるわけですが、そのお話はまた次回。

by たかちほ男爵
黄緑のダルマ
この夏は、特に仕事が忙しかったため、なかなかフィールドに行っている暇もありませんでした。しかし、フィールドワーカーが野外で動物を観察できない期間が長く続くと、ストレスで参ってしまうのです(笑)。そこで、どれだけ疲れていても、たまには外に出かけます。そんな時、ちょっと嬉しい発見があると不思議と疲れも吹き飛びます。

この夏出会えた動物を少し紹介しておきます。今回は、トウキョウダルマガエル。色や模様の変異が大きく、同じ生息地でもさまざまな個体が見つかります(左写真)。
td4.jpg  tdg.jpg 





これらは全てこのあたりで見つけた個体ですが、中でも特に驚いたのは、こちらです(右写真)!体のほとんど全てが、黄緑色。なんだか別の種類にさえ思えてしまいます。

こんな出会いがあるので、フィールドワークはやめられない。

by たかちほ男爵
子ガエルの上陸
アマガエルの合唱がまだまだ続いている田んぼもありますが、カエル達が鳴かず、ずいぶんと静かになった田んぼもあります。そんな田んぼの近くを歩いていると、小さなカエルがピョコピョコ跳ねています。夜になると、草の上に上陸したばかりのアマガエルの子ガエルがたくさん。おとなのアマガエルとは顔つきがだいぶ違います。写真は一生懸命鳴いているおとなのアマガエル(左)と上陸したばかりのこどものアマガエル(右)です。おとなのアマガエルは頭に何かのせたまま鳴いていました(笑)。

amako2.jpg amako1.jpg






by たかちほ男爵

生きた化石らしい
 近くの田んぼでは、この生きものが良く見つかります(写真)。ちょっとカッコよくて、可愛い。これはカブトエビという動物。日本には何種類か生息しているようですが、私には種の同定は難しそうです。甲殻類なので、広く言えばエビと同じ仲間となります。卵は乾燥に強く、田んぼの水が無くなっても、水が入ると孵化して成長するすごい能力の持ち主です。水入れの時期は田んぼによって違うので、カブトエビの成長具合をみると、どこに早く水が入ったのかわかります。この動物も外来種らしいのですが、移入経路はよくわかっていないようです。
  よく似た姿・名前の動物にカブトガニというものもいますが、こちらはエビではなくクモやサソリに近い仲間。カブトガニは、何度か見に行ったことがありますが、今のところ全て空振り。いつかみてみたいものです。
kabuto.jpg



by たかちほ男爵
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.