蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
半身不随
現在、体の下の方が麻痺状態でほとんど動かないヘビがいます。
このような状態のヘビはときどき見られ、治すことが困難な病気です。ヘビもセキツイ動物ですので、背骨があって神経が通っています。その神経が何かの原因でやられると麻痺などが起こります。このあたりは犬など他の動物と同じです。

このような状態におちいったヘビは、自分で食べられなかったり、排便・排尿ができなかったりすることが多いのでこちらでやってあげなくてはいけません。中には毒蛇もいるので大変です。
が、やらねばなりません。

では今からそのヘビに餌を食べさせてきます。
ちなみに毒蛇です。

by 綿雲
スポンサーサイト
毒蛇への経口投与
治療目的でヘビに薬を使うときには注射をすることが多く、飲み薬はあまり使いません。しかし、寄生虫に対する駆虫薬は場合によっては経口で投与します。
ヘビの場合、犬や猫のように錠剤をそのまま飲ませることはまずしません。液体を口の中に滴下するのもあまりよい方法とは言えません。爬虫類でもカメやトカゲにはこの方法は使えますけどね。
鳥のように飲水投与も現実的ではない。
どうするかと言うと、エサに混ぜるか、チューブなどを食道に挿入して投与します。エサを食べているようなヘビであれば保定によるストレスがかからないのでエサに混ぜて投与する方法がいちばんだと思いますが、エサを食べない(与えられない状態にある)場合にはチューブを使います。

チューブなどを使う場合にはヘビの首を押さえて口を開けて挿入しなくてはいけません。あと気管にも間違えて入れないように注意します。このときヘビは暴れるんです。当たり前ですけどね。しかもああいう体つきしてるのでぐるぐる巻きになってしまったらうまくチューブが入っていかないって話ですよ。

本日、ヒメハブという毒蛇に薬を飲ませました。このヘビは巻き付くってことはまずありませんが、それでもドタンバタン身をよじります。首を押さえつつ腕を使ってヒメハブの体を上から押さえつけます。ポイントはやはりなるべく早く行うことですね。

疲れる仕事のひとつです。

by 綿雲
重なるときは重なるもんです。
現在治療中のヘビが何匹かいます。
いないときはまったくいないんですけど。
今回はどうにもすっきりしない気分です。
治療に反応しにくい状態だからです。
それに、「厄介な」病気の可能性のヘビもいます。
よってここんとこ、いつも以上に気が重たいです。。

by 綿雲
今度はカメ
子マムシに続いて、カメが調子悪くなったので治療しています。
注射を数回ブスリと。

症状は、

「食欲不振」と「元気がない」

ヘビでもそうですが、この漠然とした症状しか見られないときがけっこう悩まされます。
最初の頃より少しよくなってきた感じです。


子マムシはだいぶよくなりました。
エサも自分で食べてるし。
子マムシの治療
今年生まれのマムシの治療をしています。
体重数グラム。
注射をするのも気を遣いますし、なんと言っても体重が軽いので、投与量が少ない。計算で出てくる数字を見て困ってしまいます。
ヘビという動物は、おとなのヘビでも、大型のヘビはともかく、体重が軽い種類(1kg以下)が多いので、薬によっては投与量および投与法などで苦労することもあります。

生まれたばっかりとは言え、子マムシも毒は持ってますので、治療中かまれないようにしないといけません。

by 綿雲
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.