蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ヘビとのふれあい体験2017
8月3日・4日に、宿泊企画「ヘビとのふれあい体験2017」が行われました。今年も、爬虫類好きの小中学生がたくさん参加してくれました。
採毒実演・園内の見学から始まり、動物とのふれあい・展示物の作製と発表などに取り組んでもらいました。何度も試行錯誤を重ね、今年も立派な飼育展示ケージが完成しましたね。来週より園内で展示する予定です。
2017hebi03.jpg 2017hebi01.jpg





夜には、毎年恒例の「夜のスネークウォッチング」を行いました。オオアナコンダやインドニシキヘビなど、昼ではまず動く姿がみられないヘビ達もよく動いていました。残念ながら、野生のヘビに会うことはできませんでしたが、きれいなタマムシに会うことができました。
2017hebi02.jpg 2017hebi04.jpg





宿泊施設での自由時間や食事の際には、いつの間にか私の近くに集まった何人かの小中学生と、楽しい動物の話ができました。小中学生とは思えないほど専門的な話にもなり、ちょっと驚きました。

今年も、とても楽しく過ごすことのできた2日間だったと思います。これからも好きなものへの興味を持ち続けてください。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
白いヘビとも触れ合える
 夏休みになり、平日でもこどもたちの楽しそうな声が園内から聞こえてきます。群馬県のうだるような暑さで、疲れも溜まってきていますが、こどもたちにはずいぶん元気を分けてもらっている気がします。
 さて、夏休み限定という事で、8月1日より平日と土曜日のヘビに触れ合っていただく時間に、白いヘビが登場いたします!種類は日によって変わることがありますので、お楽しみということで。1種類だけ写真を貼っておきますね。白いと種類がわかりにくいので、写真だけでわかれば、かなりのヘビ好きではないでしょうか。
 ご来園おまちしております。

nanihebi.jpg

by たかちほ男爵


夏休み1日飼育体験2017 参加者募集‼
本日より、「夏休み1日飼育体験2017」の募集が始まりました!

爬虫類のエサ作りやお掃除などを担当していただきます。また、ヘビやトカゲのふれあい方などを学んでいただきます。対象は小学3年生から小学6年生。ふだんなかなか入ることのできない、バックヤードにも入ることができますよ!たくさんのご応募お待ちしております。

【日程】 2017年 8月8日(火)・ 8月21日(月)

【場所】 ジャパン・スネークセンター(日本蛇族学術研究所)
    
【対象】 小学3年生~小学6年生

【定員】 各日4名

【参加費】 500円(入園料・保険料込)

【募集期間】2017年6月20日(火) ~ 7月20日(木)必着 

詳しくはスネークセンターHPをご覧ください。
夏休み1日飼育体験2017 参加者募集ページ

1日飼育体験2017a




「ヘビとのふれあい体験2017」の募集が始まりました
毎年ご好評をいただいております、夏休みに開催される宿泊イベントのお知らせです。
「ヘビとのふれあい体験2017」の募集が本日より始まりました。

このイベントは、全国各地から集まる爬虫類好きのお友達と共に、動物の観察・ふれあい・展示物の作製などに取り組んでもらう1泊2日のイベントです。夜には、「夜のスネークウォッチング」を行います。対象は小学4年生~中学3年生。夏休みの楽しい思い出を作りましょう!先着20名となっておりますので、早めのご応募をお待ちしております。

【日程】2017年 8月3日(木)~ 8月4日(金)1泊2日

【場所】ジャパン・スネークセンター(日本蛇族学術研究所)
    宿泊場所: 群馬県東毛青少年の自然の家
【対象】小学4年生~中学3年生

【定員】20名

【参加費】小学生4500円・中学生4600円(入園料・保険料込)

【募集期間】2017年6月10日(土) ~ 7月15日(土)必着 (定員になり次第募集終了)

詳しくはHPをご覧ください。
ヘビとのふれあい体験2017 参加者募集ページ

ヘビとのふれあい体験2017a




「ヘビとのふれあい体験」展示 その②
続いて、3班・4班の作品です。

 3班は、アオダイショウです。タイトルは「ネイチャーボックス」。見た目の派手な外国産の動物の方が人気のことも多いですが、この班は日本のヘビを選んでくれました。アオダイショウが木に登ることを知っていた班員の意見から、見やすい位置に木が配置されています。また、隠れ家もうまく配置されており、ヘビが隠れて全く見えなくなるのではなく、顔や体の一部が見えるようになっています。年に3回もスネークセンターに来てくれている班員がいると、動物の動きをよく考えた展示ができるのかもしれません。感心しました。

ao.jpg





 4班は、ヘビではなくトカゲを選びました。グリーンイグアナです!タイトルは「イグアナBOX」。体も大きく、力も強いトカゲなので、ケージ作りは少し難しいのです。4班は、登り木の配置にとても苦労していました。イグアナが登っても安全なケージを目指し、試行錯誤する姿をよく覚えています。完成したケージは、登り木も全くグラグラせずとても安全なものに仕上がっていました。とても良い出来です。いろいろとブレンドしてくれた土も気に入っているようで、夜は木から降り、安心した様子で眠っていますよ。

igu_201609041353412d7.jpg






 これら1~4班の作品は、9月中旬まで採毒室にて展示予定ですので、是非ご覧ください。

by たかちほ男爵
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.