蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
採毒の最中に・・・おや!?
本日、13:30からの採毒の担当でした。
皆様、熱心にそして時に楽しく採毒をお楽しみ頂いている様子でした。
その採毒の皆様の期待に応えるべく、私も頑張って参りましたが、
視界に入るガラスを這い回る黒い生物が・・・その気持ちを若干邪魔させます。。。
見た感じ、アリのようでそうでない、、、
アリグモ
実はクモ。
ハエトリグモの仲間でアリグモと言います。
屋内で見られるアダンソンハエトリやチャスジハエトリとは違い、
野外で見かけることが多く、園内でも放飼場の手すりなどによくいるクモです。
採毒実演を終了し、後片付けを終えてから捕獲して同定した時の写真ですが、
まさかこの時期に採毒室内にいるとは・・・。
生物って、本当に不思議です。

by のら
スポンサーサイト
アルギン酸ナトリウム
いきなり、聞き慣れない薬品名のタイトルですみません。
このタイトルで「ピン」と来た方は科学好きの方かもしれません。
食品添加物としても使われるこの物質で、分かりやすく書くと、海藻のネバネバした食物繊維の一つです。
なんでこんな事を裏話で!?
それは、本日、この物質を使った実験を行ったからです。
人工イクラ!!
・・・ではなく、この技術を応用したヘビ用人工飼料製造\(^o^)/
ゼラチンベースだと、人工飼料が水に落ちたとき等では、やはり安定が非常に悪く、
それを改善するために、どうにか皮膜が欲しい。。。との単純な思いつき。
結果は、、、一応食べてはくれています。
レシピはもちろん内緒です。

by のら
意外に間違われる。
皆さんは、この生き物ご存知でしょうか?
ツチノコ!?ヘビ!?・・・違うんです。
この生き物、時には、伝説のツチノコと間違われたり、時には、ヘビの一種と間違われたり、という生き物です。
この写真も、メールでのお問い合わせで送られてきたもの。
(写真の使用許可は頂いております)
実は、これそもそもが脊椎動物ではありません。
昆虫です。
ガの一種、ビロードスズメの幼虫なのです。
一瞬、ヘビと思われる方も意外と多く、なにせこの体の模様、しかも体側に目のような模様があるため、特にそう思われても仕方が無いのかな・・・?という感じ。

by のら
コメント投稿に関して変更のお知らせ
いつも「蛇研裏話」を愛読下さり有り難うございます。
最近、当サイトにおきましてスパムコメントと思われる投稿が分単位で投稿されておりました。
よって当面、コメント投稿およびトラックバック設定を「許可しない」設定にさせて頂きました。
ご迷惑をおかけするとは存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

一般財団法人 日本蛇族学術研究所
実験室で・・・
最近、実験室にて人工飼料の開発をしています。
詳しいレシピについては秘密なので書けませんが、今のところ順調に捕食してくれる種類が増えております。
この人工飼料ですが、実は「ふりかけ」にも出来ちゃう優れもので、なかなか食べないヘビも、この「ふりかけ」で食べてくれたりもしていますので、非常に嬉しい限りです。

by のら
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.