蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
無毒ヘビ咬傷
私としたことが久々に不覚をとってしまいました。シロヘビに餌を与えようとして、解凍したマウスを鉗子ではさんで顔の近くへ持っていったら、突然振り向いて手に噛みついてきました。もちろん餌と間違えたのですが、顔の横に餌があるのに、離れている手の方に噛みついてきたので、こちらも一瞬反応が遅れて、歯が少し引っかかってしまいました。

前回咬まれたのは5年以上前になりますが、雌雄の判別をしようとして、他の研究員がほとんど咬まないようなおとなしいジムグリを手荒く扱った時に、横にいた私の手をがっぷり咬みました。表面的には冷静を装って、いったいなんちゅうことをするや! と心の中で叫びました。自分のミスで咬まれるのなら仕方ないのですが、このような咬まれ方をされたらさすがに頭にきますが、年下のミスはやはり寛大に許さざるを得ません。
ちなみにその研究員はハブに咬まれて入院しました。

最近ある研究員がマムシからの採毒時に、わずかに牙を引っかけてしまいました。ほとんど毒は入っていなかったようで、腫れはほとんどなく、病院へ行くほどでもなかったので吸引と消毒だけですませましたが、痛みは何日か続いたようです。まともに咬まれたら、ただごとではすまないなと再認識しました。
毎月マムシからは採毒をしていますが、毒による痛みは経験したくないものです。とは言いながら自分では実験で蛇毒を動物に注射していて、さすがに実験動物に申し訳なく思います。

By A.S.
スポンサーサイト
青虫
今年も、トカゲの餌用の青虫とりを始めました。
我が家の菜園のブロッコリーに、やっぱりたくさん付いています。
ただ、今年は違うメンバーもちらほら見えます。
夜盗虫です。
こちらはガの幼虫で、名前の通り大きくなった幼虫は夜活動します。ですから、昼間見つけた数は少なくても油断はできません。

今年はまた、庭の柿が大豊作で、たくさん採ってきてはケヅメリクガメの餌に使っています。

by ちみ
八岐大蛇
 八岐大蛇のような、たくさんの頭を持ったヘビが、本当にいるのかという御質問を受けました。頭が2つあるヘビは、世界各地で見つかっています。日本でも新聞等で報道されることがあります。しかし、頭が8つもあるものは、発見されたことはありません。頭が2つでは、両頭の意見が異なった時に、上手く行動できなくなる可能性があります。キングギドラや八岐大蛇は、大きな一つの脳を頭以外の場所に持っているのかもしれません。

by 地底怪獣バラゴン
双尾のカナヘビとパンダマムシを展示しました。
以前、今週の1枚で載せました2本の尾を持つカナヘビを明日から展示します。きれいに2本の尾が再生しています。自然界ではかなり天敵に襲われて、自切することが多いと思います。完全に切れてしまえばそこから1本の尾が再生するだけですが、完全に切断されないと切れかけた部分からもう1本の尾が生えてきます。

再生自体めずらしいことではなく、特に両生類より下等な生物ではよくあります。クモやカニの足、ザリガニの目(触角が再生します)、サンショウウオの手足など、自然界はうまくできています。

カナヘビは全く珍しい動物ではありませんが、このようにきれいに2本の尾が生えているのはまず見ることはないと思います。

もう1つはパンダマムシ?です。これは勝手にそう呼んでいるだけですが、体のかなりの部分の色素がなく、白くなっているのですが、目は黒く、また、目のまわりと体の一部は茶色くなっています。今年新潟で捕獲されたマムシが産んだ子ヘビですが、5匹の子ヘビのうち2匹は普通で、1匹は頭の一部だけが白く、1匹は頭と尾が白く、そして1匹はパンダマムシです。
全身が白いマムシがでることはありますが、まだらになっているのは初めてです。かわいい子ヘビですので、見に来てください。
ただし、カナヘビもパンダマムシも1月3日までの限定で展示しますので、お早めにどうぞ。

By A.S.
最大のハブ
今朝、朝日新聞のHPを見ていたら、沖縄県でこれまでで最大のハブが見つかったというニュースがありました。全長2.25mだそうで、沖縄タイムズによると、体重が2.32kgということです。確かにこれが沖縄県では、最大なようです。
しかし、鹿児島県の奄美大島では、これを超えます。1970年頃でも奄美大島産が最大で、2.2mということでしたが(木場、1971)、1992年11月に、奄美大島住用村で、全長2.41m、体重1.35kgという個体が見つかっています。この記事は、当研究所の機関誌、"The Snake"、25巻1号(1993年)に載っています。沖縄の方が体重では勝っていますが、写真を見た感じでも、沖縄の方がかなり太っているようです。なお、これまでの最大記録は、すべて雄です。

by ちみ
シリコン?
園内のペンキ塗りをしていて、風邪をひいてしまった、のらです。
めっきり寒くなりましたねぇ・・・。
さてさて、ここ最近のヘビのお食事タイムでは、第1(毒蛇)温室や入場口に「本日のヘビのお食事タイム出演ヘビリスト」なるものを作り、これを貼りだして、お客さんの反応を見ているのですが、これがなかなか好評らしく、慣れているお客さんは、どこにどの種類がいるかを把握しており、その掲示物を見て、すぐにその場所へ行っている事もあります。もちろん、今まで通り、出演するヘビのケージのキャプションの下あたりには、「本日のヘビのお食事タイム出演」と書かれたキャプションを付けています。
昨日も例外ではなく、その「本日のヘビのお食事タイム出演ヘビリスト」を貼りだしたのですが、それを読んでいたお客さんが、、、
「しりこんこぶら?」と読んでしまい、それをインプットするかのごとく、「しりこんこぶら」なるものを口ずさみながら探しに温室の中へ入っていきました。
もちろん、そんなコブラはいませんし、もしかして、何かの拍子で、タイプミスを犯したか?と確認したところ、、、
「シンリンコブラ」の事だったようです。
でも、そのお客さん、「しりこんこぶら、いないねぇ・・・」とちょっと残念そうでした。
うぅ~ん・・・最近、こういう時に、素直につっこむべきかどうか、躊躇してしまいます。。。

by 本日は、羽田へ出張・のら
エラブウミヘビ
 大蛇温室の一角には、大水槽が設置されています。この中には、エラブウミヘビが飼育されています。毎年4月に、沖縄県から入荷されます。今年も沖縄県から入荷がありましたが、今では、かなり数が少なくなってしまいました。明日に鹿児島県からエラブウミヘビが入荷することになりました。沖縄と鹿児島で、行動などに違いがあるのかどうかが楽しみです。

by 地底怪獣バラゴン
続パフアダーの嘔吐
13日にパフアダーの餌の嘔吐のことを書きました。そのときはもう大丈夫でしょうと書きましたが、そうはいきませんでした。
数日後やはり吐いていました。7匹中2匹だけがなぜか吐いてしまいます。
寄生虫が多い個体では、このように食べても吐くことがあります。でもこの2匹はそれほどやせているわけでもなく、元気もあるので、そうでもないようですが、そのうち虫卵の検査をしてもらいましょう。

前より暖かい部屋に移しましたが、さらに暖房器具の近くで温度の少し高いところにケージを置きましたので、今度は吐かないことを期待して、また、餌を与えてみます。

気が付いたらタイワンコブラ(十年ほど前にここで生まれた個体)も半分消化したマウスを吐いていました。今まで1度も吐いたことはないのですが、土日の採毒実演の時に出演している個体なので、少しいじくられて吐いたのかもしれません。ものすごくがっついていて、餌の匂いがすると暴れ回り、脱皮前だろうと関係なく餌を食べるような個体ですが、担当者に似てデリケートなところもあるのかもしれません。

By デリケートなA.S.



ベトナム
新たなヘビを入手する目的で、機会があってベトナムに行ってきました。ベトナムも中国同様、ヘビはかなり食品として利用されています。ホーチミン市の周辺では、主にミズヘビ類がこうした目的に当てられているようです。もちろん、他のヘビを食べないわけではありませんが。

ホーチミン市から2時間ほど西に行ったところには、Snake Farmがあり、たくさんのヘビやその他の動物が見られます。コブラを放飼場で飼えるのが、こういう暖かい国の強みですが、タイドクフキコブラまで放飼場で、事故は起きないのでしょうか。ミズヘビはここでも、コブラの食料として入れられていました。この地域では、Enhydris innominataが多いのが特徴です。

by ちみ
ウアマントラガラガラヘビの給餌
蛇研裏話流行語大賞、まだまだエントリー募集してます!!一応、12月10日まで受け付けますので、ジャンジャン送ってくださいね!!

さて、本日、ウアマントラガラガラヘビが「ヘビのお食事タイム」デビューしました。以前はストックルーム内で餌を食たみたいだったのですが、人前で餌を食べてくれるかが、やはり第1(毒蛇)温室で展示する上での心配事になるわけです。
しかも、本日の給餌のトップバッターがウアマントラ。
「人前では食わないからね!!」と頑固者だったらどうしよう?とか、「周りに人がいすぎて、集中できん!!」といった事がないか、ドキドキしながらの給餌。。。
ケージのドアを開けて、餌を持っていくと、、、すぐに咬んでくれました。しかし、そこは陸上のクサリヘビ科。すぐに放します。ここからが勝負です。やはりすぐに呑み込まず、様子を見てます。そして数分後、、、餌を頭から呑み始めました!!
嬉しいですよ、この瞬間は。最後まで集中して、呑み込んでくれました。この瞬間から、「ヘビのお食事タイム」レギュラー出演決定です!!
ちなみに、ヘビのお食事タイムに出演できないヘビが1匹だけ、展示してあるのは、皆さん、ご存じでした?次回は、そのネタを書きましょう。

by 「毒吹き体験会は一人じゃ辛い。。。」と感じている、のら
最近の動物騒動
 今年の9月以降、外国産のヘビ・トカゲ・サソリ等が、各地で捕まり、マスコミも大きく取り上げました。この件で、テレビ関係者から御質問を受けました。最近は、このような事件が増加しているのかという御質問です。マスコミに取り上げられたからといって、そのような事件が増加しているとは限りません。そのような事件が報道されれば、一般の人の関心が高まります。一般の人の関心が高まれば、マスコミもより大きく報道するということになります。報道量が事件量を正確に反映しているとは限らないわけです。事件量を正確に表す統計があればよいのですが。

by 地底怪獣バラゴン
ヘビの自切
自切を行うトカゲは一部であるように、ヘビの一部は自切を行うと考えられています。ただし、トカゲと同じではありません。
トカゲの自切の特徴は、尾椎の中央に自切面があってここで切れること、あとから新しい尾が生えてくること、の2つです。
ヘビの自切の特徴は、尾椎と尾椎の間で切れること、いわば尾がちぎれる感じです。そして、尾の再生はないので、こういうヘビは最初からかなり長い尾を持っています。少しくらい切れても大丈夫、というわけです。逆に言えば、長い尾を持っているヘビは自切を疑って良いといえるでしょう。
これらを区別して、英語ではトカゲの自切を Autotomy、ヘビの自切をPseudautotomy と呼んでいます。日本語なら擬自切とでもするのでしょうか。種類としてはソメワケヘビ ScaphiodontophisPliocercus などです。

by ちみ

求む!!
あと、1ヶ月半で2005年も終わりなんですね。。。
この年末になると、意外と個人的に気になるのが「流行語大賞」でして、実は採毒実演の中で、使わせて貰っていることもあります。
そこで、、、今年は読者の皆様にも参加して頂いて、「2005年蛇研裏話流行語大賞」というのをやってみようと思います!!
「これが、面白かったなぁ・・・」とか「この言葉、心に響いたな・・・」とか・・・多分、皆様も、そういう風に思った日記内の語句があると思います。それをエントリーさせて下さい!!
対象は、今年のブログになった2005年2月26日から11月いっぱいの日記までとします。
エントリー先は、info@snake-center.comまで、タイトルに「流行語エントリー」と書いて、ドシドシ送ってくださいね!!
ご応募、待ってます!!

by のら

PS:私の今年の流行語も、やはり「殺気」です(笑)
脱皮殻
 ヘビの脱皮殻の保存方法についてのご質問を受けました。脱皮殻が湿った状態であれば、まず乾燥させてください。そのままにしておくとカビが生えたりします。その後は、あまりいじくり回すとバラバラになってしまうので、そっと扱います。ゴキブリ等は脱皮殻をよく食べるので、密封した容器に保存するか、虫除け剤とともに保存します。きれいに伸ばして、額などに入れておけば、よい装飾品にもなります。

by 地底怪獣バラゴン
植物園
東北大学で開かれた日本爬虫両棲類学会の大会に参加してきました。
ヒマを見て、付属植物園ものぞいてきたのですが、展示館の展示を見て、いささかショックを受けました。
植物園に生息する動物の展示の隣にあった、「生物多様性の森」という展示です。ここには森林内の食物連鎖の図が、細かく書かれているのですが、見て唖然としてしまいました。両生類と爬虫類が完璧に抜け落ちているのです。学会参加者でここまで来た人は、たぶん他にはいないと思いますが、見たらみんなきっと怒り出すんではないかな、と思いました。やっぱりカエルとヘビくらいは入れておいて欲しいものです。

なお、植物園そのものは、天然記念物に指定されていることもあり、自然をフルに生かした作りになっていて、楽しめます。

by ちみ
パフアダーの嘔吐
きれいな話ではなく恐縮ですが、飼育しているヘビが、食べたエサを吐くことがあります。センターではいろいろな環境のヘビを飼育していますが、それぞれのヘビに合わせて飼育することはできませんので、熱帯のヘビも温帯のヘビも、ジャングルのヘビも、砂漠のヘビも、温室や飼育室によっては多少違いますが、同じような環境で飼育しています。それでも多くのヘビは、その環境に慣れてくれます。

餌を与えた後に室温が急に下がったりすると、まれに餌を吐いてしまうことがあります。もう何年も吐いたのはいなかったのですが、最近やって来たパフアダー8匹のうち5匹を同じ部屋で飼育していますが、そのうち2匹が2度も吐いてしまいました。夜でも23℃くらいにしか下がっていないのですが。まだ、環境になれていないのかもしれません。
1匹は3日後吐いてしまい、その後室温を少し上げてもう1度与えたらすんなり食べてくれました。もう1匹は、もう吐くことはないと思ったのに、6日後になって吐いてくれました。半分ほどしか消化していなかったので、やはりこのヘビにとっては温度が低かったようです。
少し温度を上げたので、もう大丈夫だと思います。また、しばらくすればたぶん慣れてくれると思います。

餌を吐くと、ヘビも体力を消耗しますし、あまり元気でないヘビが吐くと、死亡する原因にもなります。こちらとしても吐いた、半分消化した餌(ラット)を片づけるのは気持ちのよいものではありません。というより、はっきり言って気持ち悪いです。

By A.S.
明日は
さてさて、今月は毎週日曜日と祝日に行っている「毒吹き体験会」、明日ももちろん行うわけですが、何と、いつも解説をして下さっている所長が学会のために不在。。。
A.S.氏は以前も書いていた通りコブラの毒のアレルギーなので、毒吹き体験会の解説は不可能。。。地底怪獣バラゴン氏も、学会出席。。。
よって、明日は私の「毒吹き体験会」解説デビューです。
今から何故かやや緊張しています。何だか初めて採毒実演を担当した時を思い出します。
明日の「毒吹き体験会」は、14時半からです。所長の解説のように上手く進めることが出来れば良いのですが、、、

by のら
自切
先日、今週の1枚に2つ尾のカナヘビの写真を載せましたが、ホームページで検索すると、トカゲの2つ尾の写真がありました。カナヘビほど完全に左右対称ではありませんでしたが、きちんと再生していました。

実は、研究所で飼育しているイグアナの尾が以前切れたことがあります。水入れを換えようとした時に突然逃げだそうとしたので、尾が切れないように付け根の方をつかみましたが、暴れているうちに少し先の方をつかんでしまい、“あっ”と思った時には切れてしまいました。20cmほど切れたのですが、もう1年以上経ちますので、完全に再生しています。でも、やはり再生部分は、色がきれいではないので、はっきりわかります。

ヘビがトカゲ類に近いのに、自切という適応がないというのもおもしろいものです。ヘビもタヌキやイタチ、猛禽類に食べられることもあるわけで、時には尾がかなり切れているシマヘビなども見ることがあります。ヘビの場合、オスでは尾の部分にペニスが入っていますので、もちろんあまり切れてしまっても困りますが、トカゲでは尾がかなり長いので、多少切れてもあまり問題がないので、逃走のために適応したのでしょうが。ただ、全てのトカゲ類が自切するわけではありませんが。

By A.S.
上尾のニシキヘビ
本日、上尾のニシキヘビが元の飼い主に引き取られました。ほぼ2ヶ月預かっていたことになります。
よそのヘビを預かるのは気を遣いますが、幸いにこのヘビは非常におとなしく、特に問題もありませんでした。よほどかわいがられていたのでしょう。

そう言えば、2日前に新潟市内でボールニシキヘビが見つかりました。鑑定のために送られてきた写真を見て、「もういい加減にしてくれ」と言いたくなりました。まあそろそろ冬ですから、ペット騒動も今年はこれで打ち止めでしょうか。

今週末には日本爬虫両棲類学会の大会があり、その他の用事もあって、明日からは仙台に行っています。久しぶりですが、仙台は学生時代を過ごした街ですので、楽しみです。

by ちみ
2匹目のケズメリクガメ
 10月27日に、ケズメリクガメを寄贈していただきました。これで、ケズメリクガメは、2匹目となりました。以前からいる個体は 2003年の8月に寄贈されたもので、4月下旬から10月中旬は野外放飼場で、飼育されているので、お馴染みの方も多いと思います。今回、やってきた個体は、体重約7kgと、やや小型ですが、たいへん健康状態のよい個体です。順調に行けば、来年の4月下旬には、放飼場デビューができるはずです。

by 地底怪獣バラゴン
今まで・・・
蛇研に就職したての頃の当時、スネークセンター内で最も危険だった(と感じる)種類は、ニューギニアタイパンでした。これの担当になるまでかなりの時間を費やしたように思いますし、担当になった後も掃除をするのも餌を与えるときも、もう緊張の連続。。。
しかし、現在はそのランクが入れ替わりました。やはりブラックマンバの存在がかなり大きいです。
以前のホームページの蛇研御意見番で、ちみ氏が「他の毒蛇がかんすんで見えます」といった内容を書いていた記憶がありますが、まさにその通りです。
掃除をしようとケージの中に入ったときに、頭を高く持ち上げ、黒い口の中を見せて狭いフード(?)を広げてこちらを迎える(?)様はまさに恐怖。。。餌にアタックをかけるスピードもかなりのものです。
何だか、最近、ニューギニアタイパンを見ても、やはりかすんで見えてしまうのは、やはりブラックマンバの存在が大きいためでしょうか・・・?
と、書きながらも、ニューギニアタイパンの掃除や給餌なども、やっぱり気を抜くことは出来ませんけどね。

by のら
ヘビは鳴くか
「御意見番」にヤマカガシが鳴いた、という話とそれへのコメントが載っていました。
「ヘビは鳴くか」といえば、「ヘビも鳴くことがある」ということになるでしょう。少なくとも呼気と気管を使って音を出すのを「鳴く」と定義すれば鳴きます。
これには大別して2通りあるようです。
1.コブラ、パフアダー、ブルスネークなどの威嚇。
 敵を脅す場合に「シュー」という威嚇音を出します。
2.気管に何らかの異常がある場合。
 気管の出口を狭めた状態で、息を吐き出すと音が出ます。これは口笛を考えると納得いくでしょう。ふだん音を出さないヘビも、かぜなど気管に異常があると、鳴き声のような音が出ることがあります。「御意見番」の1つの例では、殺虫スプレーを使ったようですから、こういう可能性は大いにあります。

by ちみ
ミナミオオガシラ
 スネークセンターでは、ミナミオオガシラ(別名;ナンヨウオオガシラ)を飼育しています。この種は、特定外来生物に指定されているので、環境省に申請書を提出しないと飼育を続けることはできません。ミナミオオガシラは、グアム島に侵入してしまい、島の生態系に大きな影響を与えてしまいました。非常に食欲旺盛なヘビで、現地の鳥類に大変なダメージを与えました。この種以外ヘビでは、タイワンスジオとタイワンハブが特定外来生物に指定されています。

by 地底怪獣バラゴン

今年はやはり暖かい?
いつもの年なら、10月にマムシ咬症で病院から電話がくることはほとんどありませんが、今年は何件か咬まれた報告があります。
また、今日センターの入り口近くにヘビがいるということで捕りに行きましたが、穴の中にヤマカガシが隠れていました。マムシやヤマカガシは比較的寒さにも強いので、11月でも暖かい日は出てくることもありますが、この近辺で11月にヘビを見かけるのは久しぶりです。

以前も書きましたが、今年はハチの被害が多いようで、マムシの被害も多い感じがします。ハチでは毎年30人ほどの人が亡くなりますが、多い年では70人ほどが死亡しています。マムシによる死亡者数は、もちろんハチよりも少なく、最近では10人弱ですが、多い年には22人が亡くなっています。

これからはマムシに咬まれる事故が起きることはまずないと思いますが、まだ暖かい日には少し気を付ける必要があるかもしれません。もし万が一咬まれた場合には、ご連絡ください。貴重なデータとして、病院での血液検査などの結果をいただければ幸いです。

By A.S.
ウアマントラガラガラヘビ
今朝、第1(毒蛇)温室にいたドクフキコブラの類をイベント「毒吹き体験会」対応のために入れ替えしました。
今回、展示を終了したのは、モザンビークドクフキコブラ、ヌビアドクフキコブラ、リンカルスドクフキコブラの3種で、入れ替えとしてメキシコミルクヘビ、マライマムシ、そして先日の裏話に登場したウアマントラガラガラヘビです。
前者2種は、以前から飼育している個体なので特に書きませんが、ウアマントラガラガラヘビ!!結構渋くて素敵です。
ウスイロネッタイガラガラヘビほど大きくはありませんが、やはりガラガラヘビらしいあの顔つき、一度もちぎれていない綺麗なガラガラ、意外にも落ち着いた風格、どれも見逃せません!!
是非見に来て下さいね!!

by のら
ヘビの世界
「ヘビの世界」改訂版を作りました。
表紙を変えただけでなく、内容にも若干手を入れています。
化石の所を書き直し、感覚器官についての記述も前よりも正確なものにしました。前回は、急いだつもりはなかったのですが、できあがってからいろいろ不備が見つかり、だいぶ不満が残りました。今回はそういった事がなく、かなりすっきりした気分です。

by ちみ
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.