蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ペット爬虫類コンテスト
第7回ペット爬虫類コンテスト、いよいよ明日になりました。
しめきりの時点で、48人のエントリーがありましたが、その後来られなくなった方もいて、若干減っています。当日も、遅刻や欠席がありそうですが、それでも例年よりだいぶ多くなっています。時間内に終わらせるためには、司会者が苦労することになりそうですが、今年の司会者は新人なので、どうなりますか。幸い、天候は良さそうなので、盛り上がってくれることを期待しています。個人的には、どんな動物が来るか、楽しみにしています。

by ちみ
スポンサーサイト
ガツンガツン
ケージの前に行くと・・・「ガツン!ガツン!」と扉のガラスに
鼻っ面をぶっつけてくるヘビがいます。
最近仲間入りしたアオダイショウです。いかくをしているのです。
そのうち鼻がすりむけてしまうので、しばらくはケージの扉に目隠しをしてやることにします。
必ず何匹かはこんなことをするヘビがいます。
アオダイショウでもほんとおとなしいのもいるし、つくづく性格もいろいろだなぁとあらためて思いました。

by 綿雲
中断
ちょっとしたトラブルのため、このところホームページに接続ができず、多くの方にご迷惑とご心配をおかけしました。管理者としてお詫び申し上げます。

心配して電話をかけてきて下さる方が多いのには、驚きもし、感激しました。スネークセンターはもちろんですが、このホームページも、少しずつでも充実したものにして行くべく、今後も努力していくつもりです。よろしくお願いします。

カエル池には、いろんな植物を植え込んでいますが、今朝M研究員が「ミズバショウらしい花が咲いている」というので行ってみたら、ヒメカユウでした。ところが、昼過ぎにに見てみると、ミズバショウも花を開いていました。カエル池は昨年秋に造成したのですが、ようやくいい雰囲気になってきました。あとはカエルが増えるのを待つだけです。

by ちみ
明日はダーナちゃんの測定日
さてさて、毎週日曜日に開催している「大蛇の公開体重測定」、今のところピタリ賞は出ていません。
これが結構、当てるの難しいんですよ。。。
その「大蛇の公開体重測定」、明日はスネークセンター内でもアミメニシキヘビのネティちゃんと重たさの王座を争うアフリカニシキヘビのダーナちゃんの登場です。
大人しいと言えば、大人しいのですが、暴れ出すと一人ではもうどうする事もできません、というサイズ。
偏食気味で、一時期ダイエットもした時期が(笑)
そんなダーナちゃんの体重、明日はみんなで当てにかかりましょう!!
時間は、14時半までにダーナちゃんの展示場所の前に、投票用紙と投票箱がありますので、予想値を書いて投票して下さい!!
でも、あくまで一人一票ですからね(笑)

by のら
ガマの卵
 先週、アオダイショウの放飼場内の池にガマ(ヒキガエル)の卵がありました。その池は水漏れするために、卵の生育には不向きなので、カエル池に移植しました。移植した段階でかなりの卵が死んでいたのですが、カエル池内では、一部が生き残っています。最近、気温が低く天気も悪いので、発生が遅れれているのですが、順調に行けばオタマジャクシのなるはずです。

by 地底怪獣バラゴン
マルバアオダモ
どうも花によって早いのと遅いのがあるようです。
ミニブタのいる放飼場には、何本か大きな木が生えていますが、今、マルバアオダモが花盛りです。昨年の記録を見ると、2週間ほど早いようです。ウグイスカグラなどは遅かったので、やはり早いのと遅いのがあると言わざるを得ません。白い地味な花ですが、群がって咲いているのはけっこう華やかです。

by ちみ

20070418184119.jpg

春が来たぁ~って感じ^^
今日は雨で肌寒かったですけど、日に日に暖かくなってきました。
今年は、サクラが満開の頃ってなんだか寒かったせいか、個人的にはいまいち春を感じなかったんです。
でも最近は、山もだんだん若葉色に染まってきたし、スネークセンターの中も緑が増えてきてやっと春になったと感じます。

そしてなんと言っても放飼場のシマヘビたち。
動きも活発だし、木に登って日光浴したり、草むらの中で頭も持ち上げて気持ちよさそうに(?)してたり・・・。
そんな姿を見るとさらに春だぁ~と思うのでした。

by 綿雲

ゴールデンウィークにはシマヘビに触れられるイベントが
ありますよっ!☆

雑草食
 サクラの花は散りましたが、園内には、かなり雑草が生えてきました。雑草が生えるまでの、ケヅメリクガメの餌は、キャベツとバナナが主でしたが、最近はカラスノエンドウ(マメ科)が主食になりつつあります。例年ですと、4月29日のペットコンテストの日に、野外放飼場に放飼します。今年も、よほどの寒波が来なければ、例年並みになると思います。放飼場内では、カメ自身で、好きな雑草を選んで食することができます。

by 地底怪獣バラゴン
アリ・・・あり?
園内には、様々な生き物がいるのですが、たまに気付かずに、面白い生物を見過ごしてしまう事も。。。
今朝から、第2(大蛇)温室付近で面白い生物を見つけました。
それがこれ↓
さて、何でしょう?

特に、珍しいわけではないのですが、一見アリの様で、気付かずに見過ごしてしまいそうな生物です。
実は、これはアリグモ(Myrmarachne japonica)というクモの仲間。一番前の歩脚は、触覚の様に頻繁に動かしながら、歩いている様は、本当にアリにそっくりです。
でも、正面から見ると、本当にクモの顔↓
実は、クモでした。

こういう生物を探すのも、園内を歩く楽しみの一つかもしれませんね。

by のら
センター内にもイノシシ出現
 昨年からいたるところでイノシシが出現しているという話題がテレビでよく放送されていました。昨年暮れにはセンターのすぐ近くのお墓も荒らされるようになりました。そのうちセンター内まで入ってくるだろうと言っていましたが、やはり入ってきていました。
 センター内にもタケノコが生えるところがあるのですが、ある職員が採りに行ったら何カ所もきれいに掘り返されているので、他の職員が掘ったのだと思っていたようですが、誰も掘っていないということでイノシシだとわかったようです。しかもフェンスに穴が開けられていて、イノシシの通った跡があったようです。
 センターでは野生のヘビが出ることもありますが、他にもいろいろな動物が出現します。あまり直接出会うことはありませんが、イタチやタヌキなども出ます。イタチは放飼場のシマヘビを食べに来ます。タヌキは洞窟の崖から落ちて、瀕死の状態になっていたこともありますし、放飼場の間の通路ではち合わせをしたこともあります。野鳥はいろいろなのが見られ、3月後半からはウグイスがきれいな鳴き声を聞かせてくれます。カワセミやコサギ、ゴイサギ、時にはメジロなどもいます。もちろんヒヨドリやシジュウカラ、ツグミやウソなども見られます。
 小鳥ならともかく、イノシシまでやって来ては困ります。もちろんイノシシもヘビを食べますが、今のところ被害はタケノコだけのようです。何とか対策を考えないといけないかもしれませんが、まさかイノシシ対策までしなければいけなくなるとは思っていませんでした。

By A.S.
マムシグサ
園内の一部に残っている林を活用しようと、山野草の道を整備しています。今日行ってみると、すでにシュンランは咲き始めていました。

この一番奥に、マムシグサが群生しているところがあります。自然に生えたもので、この一画だけ不思議な雰囲気をたたえています。マムシグサは、別名をテンナンショウ(天南星)ともいい、サトイモ科の植物です。今ちょうど、芽が伸びてきたところで、これから葉が伸びて、花が開きます。

by ちみ
20070408164930.jpg

20070408164957.jpg

大蛇の皮
 4日にテレビ撮影のために、貸し出していたアミメニシキヘビの皮が戻ってきました。12日放送の木曜スペシャルに出演するそうです。皮は東南アジア産で、頭と尾の先が切れています。切れた部分を入れると8mくらいになります。多少、実物より伸びているとしても、かなり大型のアミメニシキヘビであることは確実です。熱帯蛇類温室の2階部分に展示してあります。

by 地底怪獣バラゴン
やはりシマヘビが豹変
3月11日にピンクラットを与えようとしたシマヘビが、異常なほど攻撃的になったことを書きました。しばらくウズラのヒナを与えていましたが、他のヘビにピンクラットを与えるために冷凍のエサを解凍したので、もう1度試しに与えてみました。

するとやはり激しく興奮して逃げ出そうとしました。あわてて捕まえましたが、臭い液を手につけられてしまいました。ただそれでも咬もうとすることはありませんでしたが、ケージの中に戻してからは、網越しに攻撃してきました。いじめたわけでもないのにいったいこの豹変ぶりは何なのかと思います。
もちろんピンクラットを食べるわけではないので、別のシマヘビに与えるとすぐに食べてくれました。

やはりこのシマヘビはラットの匂いが大嫌いなのでしょう。
好き嫌いで食べないのは仕方ないのですが、そんなに大暴れしなくてもよいのにと思うのですが。

By A.S.

むち打ち
熱帯蛇類温室でナイルオオトカゲを展示していますが掃除等で展示スペースに入っていくと必ずと言っていいほどいかくしてきます。
「シューシュー」言ったりしてますが、さらに近付くとオオトカゲの特徴である太くて長い尾を使った攻撃をしてきます。
これがなかなかキョー裂。むちのように振り回してくるので太ももなどにヒットすると簡単にミミズ腫れになってしまいます。
でも最近はその攻撃力のレベルがわかってきたので、片足をヒョイとあげてかわすか、もしくは長靴の上だったらそのまま殴られています。
これがまた気持ちいい……とは思いません。

by 綿雲
大蛇の公開体重測定
本日で「大蛇の公開体重測定」2回目。
残念ながら、まだピタリ賞を当てた方はいません。
持ってみると、意外と重い様でも、測定数値は「・・・あらっ?」という事もあります。
当てるのは本当に難しいですね。。。
あと残り7回ありますので、是非、チャレンジしてみて下さい!!
ちなみに本日のアミメニシキヘビの公開体重測定ですが、実測数値が24.8kgでした。

by のら
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.