蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
いよいよハ虫類ペットコンテストです
29日(火)には恒例のハ虫類ペットコンテストが開催されます。今回で8回目となりますが、毎回多くの方に参加していただきうれしい限りです。
ヘビだけでなくオオトカゲやイグアナ、カメなどの参加も多く、しかも毎回のようにニシキヘビやオオトカゲなどを連れた女性の参加者がおられることには少し驚きです。ただ、最近ではあまり驚くことではなくなりましたが。

もちろんセンターに見学に来られる方が皆ヘビ好きというわけではありませんし、見学に来ているのに気持ち悪がってあまりヘビを見ることができない人もいます。また、お化け屋敷感覚で来られているわけではないでしょうが、アベックの入場者が意外に多いのはおもしろいところです。自分だったら女性に「ヘビを見に行かない?」なんて誘えないかもしれませんが、ひょっとすると逆に女性の方から誘って来られているのかもしれません。ヘビが嫌いでも、女性から行こうと言われれば、男としてはイヤだとは言えないでしょうから。

ハ虫類の好きな人はもちろん、あまり好きでない人も話のネタに見学に来てみて下さい。人がヘビををかわいがっているのを見て、ひょっとして自分でもヘビを飼ってみようかなという気になるかもしれませんよ。

By A.S.

スポンサーサイト
エジプトよりヘビが入荷
今月25日にエジプトからヘビが入荷しました。
その中で、個人的に注目したのが、キリサキヘビ(Lytorhynchus diadema)というヘビ。
手で持っても、まず咬もうとはしませんし、小さくて本当に可愛いです。
その他に入ってきたモイラヘビ(Malpolon moilensis)と比べても、顔はこちらの方が好みですが、何せサイズが小さいもので、可愛いさの軍配は個人的にはキリサキヘビ!!
近い将来、子ヘビコーナーでも展示されると思いますが、これでも本当に成蛇なんです。
って書きながら、写真を撮るのをすっかり忘れまして、、、
次回、裏話を書くときに、アップさせましょう!!

by のら
今年は少し早い気もします。
ここ最近暖かい日が続いています。
外の放飼場の中もヘビたちが活発に活動していますが、そんな中、「ブ~ン」という聞き慣れたような低い羽音が。。。
よく見るとオオスズメバチです。多分、この時期でしょうから、ワーカーというわけではなく、大きさからも女王バチでしょう。
昨年は5月の始め頃から飛んでいたので、昨年よりも若干早く飛び始めているようです。
園内で確認している他のスズメバチ属4種はまだ飛んできていません。
おそらくA.S.氏が展示で欲しがるでしょうから、攻撃性の低い時期に極力捕獲するようにはしていますが、久々の捕虫網はスネークフックを扱うようにはいきません。
これが、なかなか捕れないものですね。。。(^_^;)
明日は雨の予報になっていますので、飛んでいても今日よりかなり少ないでしょうから、明後日あたりには、また新たなトラップなども仕掛け始めたいと思っています。
今年はどれだけ捕れるでしょうか。

by のら
桜再び
 桜のソメイヨシノは、一週間ほど前に、ほとんど散ってしまいました。しかし、ヤエザクラが開花を始めました。いつもの年はもう少し遅いのですが、今年は少し早いようです。2タイプの桜が、あまり間をおかずに観察することができました。

 by 地底怪獣バラゴン
アクセスカウンターの不具合
2000年の6月に手作りで簡単なホームページを立ち上げて、2005年の春にリニューアルするまで少しずつページも増やしました。他にはこのようなマニアックなホームページが少なかったためか、アクセスが40万件ほどになりました。リニューアルしてから昨年の後期までに8万件ほどあったのですが、突然カウンターが0に戻ってしまいました。その後も何度か0に戻ってしまったため、今回はカウンターを替えることにしました。

実際には9万件くらいにはなっていたと思いますが、とりあえず80000からカウントを開始します。
最近は忙しくてブログの更新がちょっとおろそかになっていますが、多くの人にアクセスしていただけるよう、また頑張って更新していきたいと思います。

プチ蛇研のページでは、もう少しヘビの写真も増やしていきたいと思いますので、ご期待ください。

By A.S.
びく療法
こちらでは、「びく」と呼んでいるヘビ用の入れ物を使っています。
主に、移動や一時保管用に使う物ですが、治療中のヘビの入院ケージとしても使うことがあります。
黒いメッシュ状になっているため、神経質なヘビやストレスをかけたくないヘビにとっては落ち着く空間になっていると思われます。内部も薄暗くなっていて、完全ではないですが、外界と遮断されるからです。
個体によって差はありますが、基本的に神経質な動物です。
特に病気療養中のヘビにとってストレスは大敵です。そんなときにこの「びく」は役立っているのです。
現在も、ボアとカーペットニシキヘビがこの「びく療法」を施されています。しばらく拒食をしていたボアは、びくに移してから、餌を食べてくれました^^

   『びく』(こちらにお越しの際には必ず目にされると思いますよ)
      ↓
びく


by 綿雲
にやにやしちゃいます。
ここ最近、「蛇研裏話が・・・」と言って下さるお客さんがずっと御無沙汰だった気がします。
しかし!!本日、東京から起こしのお客さんがそう言って下さいました!!
嬉しいですね~(^o^)
蛇研裏話を始めたのも、この一言が聞きたいのも大きな理由のひとつです。
その方は、午前中にいらして、最後の採毒まで見学していましたが、こういう熱心なお客さんも本当に嬉しいです。
特に、この私がその言葉を待っている(?)ということもあります。
私の正体を知っている方も結構いらっしゃると思いますが、もし知りたい方!!そしてその他の裏話を書いている方を知りたい方!!
ぜひ、思い切ってスタッフに声をかけてみて下さい。
多分、いちばんニヤニヤしちゃうのは、この私です。

by のら
自分なりの今年の初日
観音祭も終わり、サクラの花びらも随分と散ってきています。
そんな暖かくなってきてから、ずっと探していた動物が本日、やっと見つかりました。
それがこれ↓
よく見ると・・・アリじゃありません。

アリによく似ていますが、ハエトリグモの仲間のアリグモです。
昨年、GW前後あたりに随分と観察しましたが、その前は全然観察していなかったので、「いつぐらいから出始めるのかな・・・?」と気になっていたのですが、それが本日初日を迎えました。
一番前の歩脚を触覚に見えるようにして動かし、徘徊しています。
大きさは1cm以下くらいのサイズで、あまり目立ちませんが、晴れた日の野外放飼場の手すり付近でよく見かけるようになりますので、アリっぽいものがいたら、よく観察してみて下さい。
もしかしたら、それがアリグモかもしれませんよ。

by のら
春の観音祭終わる
昨日は春の白蛇観音祭が行われました。
天気もよく、園内のサクラが満開の中、いろいろなイベントが行われました。多くの方に来ていただきましてまことにありがとうございました!
今年は初めて神楽の上演も行われて、ひと味違った観音祭になりました。忙しい1日となり、昼食を食べたのが夕方の5時になってしまいました。そして2時間後の7時頃に夕食を食べたのですが、さすがに食べるスピードが鈍かったです^^;

そんなことはどーでもよいのですが、個人的にはこの季節がいちばん好きです。暑くもなく、朝晩はまだちょっと肌寒いようなこの時期が。
だんだん暑くなると・・・暑いのは好きなんですけど、蚊がぁ~。
腹立つ。
話はずれましたけど、ヘビの動きも活発になる季節です。
園内も花が咲いて華やかになるし、ヘビの冬眠から覚めて活気が出てきます♪
ただし、温室内のヘビはあまり動かないかも。
野外のヘビの場合で・・。

by 綿雲




自転車に乗って
最近、研究所から3kmほどの所に引っ越しまして、ここ数日自転車通勤をしています。
(と書きながら、本日は、朝から雨だったので車で来ましたけど(^^;))
春の風を感じながら、自転車に乗るって、結構気持ちがよいものです。
いつも車であっという間に通りすぎてしまう道も、自転車だと、小さな発見も多数あります。
「ここにこんな植物が咲いていたのか」とか、
「ここならヘビも出そうだな」とか、
「アマガエルが鳴いているな」とか。
これからの裏話も、こんな感じの話題を増やそうかな・・・?とも思っている今日この頃です。
車を運転していると感じられない目や耳や鼻、そして体全体で感じる季節感が意外と多いんだな・・・
と感じました。

by のら
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.