蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
紙粘土のツチノコ ~その後~
さて、前回書きました紙粘土のツチノコの模型ですが、本日、やっと原型が完成し、カラーリングを9割ほど施しました。
今回拘ったのは、目と口内。
以前、作ったツチノコ模型は、カミサンに「目の質感が悪い」と駄目出しをされ、相当悔しかったので、どうしたら目の質感が出せるかを自分なりに工夫してみました。
結果、黒い瞳孔が動くプラスチックの目のパーツを刳り抜き、器状にして、その中に黒いゴムで新たに作った縦長の瞳孔を入れて、エポキシで固め、さらにアクリル絵の具を乗せてみたら、本当に目っぽい透明感のあるものが出来ました。
口内は、ハブの口内を参考にし、筋肉の作りも写真で見ながら造形しました。
そして、ツチノコがクサリヘビ科という証拠は全くないのですが、他の造形やイラストを見ると、どうもクサリヘビ科の牙の構造をしているものが多く、今回の模型はそれに従って、本物のハブの牙を埋め込み造形してみました。
色は、褐色ベースに、待ち伏せタイプのヘビの様な、落ち葉のカモフラージュの模様にしてみました。
それで、ガラスケースに落ち葉を入れて、その模型を置いてみると・・・
何だか、生体展示っぽい(;^o^)
そんなこんなで、まだ、改良の余地はあるものの、そのまま採毒室の中に置いてあります。
来週中に、また、さらなる改良を加え、特別展には、完璧なものを展示出来たらと思います。

by のら
スポンサーサイト
紙粘土で
今年の夏の特別企画展用に紙粘土でツチノコを作っています。
しかし、模様や色は勿論、ウロコの列数や、瞳孔の形、口の中など、全く正確な記録がほとんど無く、イラスト化されたものや書籍にあるもの、言い伝えなどを調べてみても、まとまりが無く何だか頭が混乱してきそうな感じです。
仮に、一つだけ生態ジオラマ模型に使えそうな原型を自分なりに色も付けて作ってみたのですが、A.S.氏からは「ヤマカガシっぽい色の方が良い。」と言われ、所長からは「何だか、ヒメハブみたいだね。この間の(押収されたニシキクサリヘビとガボンアダーの)ハイブリッドみたいにしたら?」と言われ・・・。
結局、後者の色を塗るため、それまでの色を剥がしている最中に、胴体が折れてしまったのですが。
そこで、また、似たような模型をさらにリアルに作ろうととりかかっています
今度のは、口の中は、定番っぽく、クサリヘビ科のような折りたたみ式の牙にするつもりです(以前のもそうでしたが)が、口内の筋肉はどんな風になっているか、目の質感を良くするためにはどうしたらよいか・・・などハブや他のクサリヘビ科の観察から、素材選びまで拘って、より良いものを完成させて、展示しようとたくらんでおります。
とか書きながら、実は、ほぼ原寸大と言われるサイズのを1体作っちゃったんですけどね(;^_^A

by のら
しばらくはボアちゃんで。
日曜祝日の好評イベント「ニシキヘビといっしょに写真を撮ろう!」で登場していたアルビノ(白黄)のビルマニシキヘビは現在休養中です。
注射を2,3回プスッとされて先日エサもようやく食べました。
年も年だし無理はさせたくないんで、もうしばらく休ませますーー

現在は以前より交代で出ていたボアががんばっております。
大きさもビルマより小さいし、色も茶系。
首に巻いて写真を撮るにはやや物足りないところもあるんですが、
それでもおとなしいし、かわいい!♪(とお客さんによく言われてます)

会いに来て下さい、ボアちゃんに!
(今度名前をつけてあげよ・・。)

by 綿雲
みなみちゃん産卵
 昨日、ビルマニシキヘビのみなみちゃんが産卵しました。3月5日に交尾は確認されていました(父親はアルビノ)。ビルマニシキヘビは産卵後、卵の保護と保温の為に、母親が卵の周りにとぐろを巻きます。みなみちゃんは卵を暖めるために、5-10秒間隔で、体をピクピクと動かしています。この行動は、ふ化直前まで続きますが、気温が高くなるとやめてしまいます。ピクピクを見るなら、早いうちです。

by 地底海獣バラゴン
ラッキ~♪
スネークセンター内に、シロヘビの野外飼育場があります。
先月下旬に2匹のシロヘビをあらたに放しました。
ずっと建物の中にいたせいか、出された直後は、
「ここはどこ?」みたいな感じで、
とまどってる様子でした。

少し時間も経ったので慣れてきたのか、
けっこうそれなりの生活をしているようです^^

シロヘビと言えば、神様として祀られたりしているヘビです。
飼育場の中にはヘビも隠れられる場所も作ってあります。
よって必ずお目にかかれるわけではないのですが、
たまにのぞいたときに見えるところにいると、
「幸運だっ!」と、なんかいいことありそうな気分になってしまいます♪

shirohebi

ちなみに今日はお目にかかれませんでした(T T)。

by 綿雲
食べてくれました
冬から、一度も餌を食べてくれなかったアメリカマムシ。
夏の間は、比較的食べてくれたのですが、冬になって餌を敵として認識するくらいでした。
それが本日、やっとすんなり食べてくれました。

実は、こういったヘビがもう1種類います。
第2(大蛇)温室のキイロアナコンダです。
第1(毒蛇)温室で飼われていた頃は、脱皮前だろうが、冬であろうが難なく食べてくれたのが、ここ数年は冬になると、ぱったり食べなくなります。
先日のGW最終日に、大蛇のお食事を公開した時に、食べなかったヘビの代役として与えたのですが、これまた、不思議と言うくらいすんなり食べてくれました。
こういった瞬間って、本当に嬉しいです。

by のら
明日は、ちょっとイベントの内容が変わります
明日で、大型連休も最終日(でない人もいるかもしれませんが)。
明日のイベントは、ちょっと内容が変わります。

10:30 ブラックマンバの採毒実演
11:30 シマヘビと遊ぼう
13:00 ヘビのお食事タイム(大蛇温室で行います)
13:30 コブラの毒吹き実験
14:30 ハブの採毒実演
15:30 シマヘビと遊ぼう

朝イチからブラックマンバですよ!!
最終日なので、スタッフも疲れ気味ですが、咬まれないように頑張っていきますよ!!

by のら
売れてます
 ばいかださんの写真展の評判が上々です。絵はがきや額付きの大判写真も、写真展会場で販売しています。絵はがきはともかく、大判写真が売れるのかなあ?と思っていました。ところが、アオダイショウが大きな口を開けて、咬みつく瞬間の大判写真が売れています。大判写真は、注文の後、何日かしての発送になるそうです。写真展は、6日(水)までなので、早く見に来て下さい。

by 地底怪獣バラゴン
ヘビを学ぼう!ヘビにふれてみよう!!
大型連休真っ只中ですが・・・
移動ごくろうさまです^^;。

こちらスネークセンターにも多くの人に来ていただいております。

ヘビのことを知らない方も多いと思います。
ぜひいろいろ学んでみませんか?

GW09-1

ヘビとふれあえるイベントもやってます。
さわったことがない人はぜひお試しあれ。
けっこうハマるかも??


GW09-2




10:30 マンバ(猛毒のヘビ)の採毒実演
11:30 ヘビと遊ぼう(シマヘビとふれあえます)
13:00 ヘビのお食事タイム(ヘビがエサを食べる様子を観察)
13:30 ドクフキコブラの毒吹き実験
14:30 ハブの採毒実演
15:30 ヘビと遊ぼう

10:30~15:30頃  
   ニシキヘビ(ボア)といっしょに写真を撮ろう(有料です)

お待ちしてま~す♪

GW09-3
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.