蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
自宅にて。
ニホンヤモリです。
まだ子どもですね。。
靴の中に入っていこうとしていました。
知らずに踏みつぶしてはかわいそうなので、
逃がしてやりましたけど^^。

ここ数年、暖かい時期には、
毎日のように見かけます。
昔はあまり見なかったような気がするんです。

DSC0306015.jpg














by 綿雲
スポンサーサイト
珍しい!!
園内には、様々な鳥が来ています。
最近は、雨上がりの日などにカワセミが、少し前ではシメやモズなどが観察できました。
ただ、先程ちょっとあまり見かけない鳥に出会いました。
オオタカです。
ブタの放飼場の中に留まっていました。
オオタカは希少野生動植物種に指定されていたり、
レッドデータブックでも絶滅を危惧されている鳥類らしく、園内では初めて見ました。
残念なことにカメラを取りに行って、戻ってきた時にはもうすでに姿はなく、写真を撮り損なってしまいました。

by のら
仲良し?
熱帯蛇類温室で飼育展示中のブラックマンバたちです。
DSC0308215.jpg

みんな(3匹)で重なりあってることがけっこうあります。
「ヘビはいっしょに入れてけんかしないんですか?」
と聞かれることがありますが、まずしません。
複数入れておくとブラックマンバに限らず
よく重なっていることがあります。
仲がよいのかどうかはわかりませんが。。

ただし、エサのときは、取り合いというのではないですが、
同じエサに同時に食いついたりすることがあります。
また、ヘビを食べるヘビがいますので、
そのような種類を複数入れておくと食べてしまうことがあります。

ちなみに上の写真のブラックマンバのポジションは、
・来園者にとっては観察しやすい
・飼育係にとっては室内の掃除がしやすい(ヘビをそのままにしておいてそうじできる)
というメリットがあります。
なかなかのグッドポジションなのです^^v。

by 綿雲



今年最初のマムシ咬症
愛知県の病院からマムシ咬症の問い合わせがありました。10才の子が手を咬まれて、肘近くまで腫れているということでした。
こちらでは昨夜は雪が降って、朝でもうっすら積もっていました。愛知県の天気を見ると晴れているようでいたが、気温は15度くらいでした。陽に当たれば体温を上げることができるため、日光浴に出てきたのでしょう。
確かに毎年4月くらいからマムシ咬症があります。西日本では3月下旬には咬まれることもあります。
それにしてもこのような時期に、農作業をしていたわけでもないのに子供が咬まれたというのは、不運だとしか言えません。手の腫れは強いようでしたが、あまり時間が経っていなかったので、大丈夫だと思います。
これから晴れて気温が上がってくるとよく出てきますので、農作業や草刈り、また河川近辺の草むらでは気を付けてください。

By A.S.
重なるときは重なるもんです。
現在治療中のヘビが何匹かいます。
いないときはまったくいないんですけど。
今回はどうにもすっきりしない気分です。
治療に反応しにくい状態だからです。
それに、「厄介な」病気の可能性のヘビもいます。
よってここんとこ、いつも以上に気が重たいです。。

by 綿雲
2種類のハブの採毒
本日、午前中の「ヘビとのふれあい」の前に、採毒室で2種類のハブの採毒をしました。
サキシマハブ4匹とカクツラハブ1匹です。
これら2種の採毒は、採毒実演には使っておらず、
炭酸ガスを使って酸欠状態にして、ストレスをかけずに採毒しました。
サキシマハブの毒の色は、「あぁ、こんなものか・・・」といった具合で、
ハブと比べても、差はほとんどない薄い黄色。
でも量は、「個体の大きさの割に少し多いかも・・・?」といった具合。
一方カクツラハブですが、量は1匹分なのでそこそこの量ですが、毒の色はハブやサキシマハブとちょっと違い、
黄色というよりも、黄橙色というか薄い琥珀色。
なんだか見とれちゃいそうな色です。
しかし、この2種は、炭酸ガスを使って大人しくさせる方法では、時間がかかります。
しかも、タイミングが分かりにくく、効いてきたところで、つついてみると、まだ元気だったり、
採毒の瓶に咬ませる時に目覚めて元気になったか?と思うと、実はそうでもなく、すぐにぐったりしたり。
また、採毒が終わってリリースした後でも目覚めるのも遅いので、「死んでしまったか・・・?」と思えてしまうことも。
もちろんこんな時でも、素手でいきなり触るわけにいきませんので、こういう時でも、作業は慎重に行います。
でもしばらくすると、元気にはなるのですが・・・。
このタイミングを掴むのは、本当に慣れないです(;^_^A

by のら
野生のヘビ
 昨日は、東京都町田市のフィールドに行ってきました。何種類かのカエルの生息を確認しました。私は見ていないのですが、同行してくれた方が、小さなヘビを目撃しました。また、地元の方からは、ヘビの巣の情報をいただきました。今年は、このフィールドに何回か行ってみるつもりなので、今後が楽しみです。

by 地底怪獣バラゴン
桜満開です
ちょうど桜が満開です。今週の土日は天気も良いようなので、見学には最適です。陽が出るとシマヘビも日光浴に出ています。また、通路にはカナヘビも見られるようになりました。もちろんウグイスもよく鳴いています。女性や子供に人気のミニブタのブータローも出迎えてくれますので、ぜひ見学に来てください。
また、今月から人気の「ドクフキコブラの毒吹き実験」も再開しました。

By A.S.

sakura4-2

bootaro06-2.jpg

桜とウグイス
今日、雨が止むと暖かくなり、桜も一気に咲き始めました。ウグイスの鳴き声も心に染み渡ります。
4日(日)の「春の観音供養祭」の時には満開になると思います。桜の下で、ウグイスの鳴き声を聞きながらヘビを見るというのはどうでしょうか。また、クイズに参加して商品をゲットすれば最高の1日になります。
春休み最後の日曜日を楽しく過ごしてください。

By A.S.

sakura.jpg
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.