蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
くろ丸へばりつく。
bmkuroharit.jpg














完全に床から浮いております。
たいしたもんです。
どうやらコツをつかんだようです。
で、何がしたいのか・・?

by 綿雲
スポンサーサイト
ガラガラヘビからの採毒 その2
先日、トウブダイヤガラガラヘビからの採毒について書きましたが、その後毒を乾燥して計量しましたので、今回は毒量等について書きます。

写真のように凍結乾燥機で乾燥し、その塊をつぶすとパウダー状になります。これを少しずつ計って実験などに使います。ただ、これは非常に軽いので、取り扱う時には注意しないと、飛び散ってしまいます。

マムシは体が小さいので、1匹からの採毒量は乾燥量で20~30mgくらいです(1mgは1g/1000です)。ハブでは約200mgで、2m近い大きな個体では300mgほどの毒が採取できます。
今回採毒したガラガラヘビはあまり大きい個体ではありませんが、1回の採毒で760mgも採れました。あまりの多さに少し驚きました。

かなり昔にいろなヘビから採毒し、毒量を比較したことがあります。タイコブラも大きいので、採毒量も300mg近くでかなり多かったのですが、特に多かったのが、モザンビークドクフキコブラで、体は大きくないのですが、600mg近く採取できました。これは何度も毒を吹きかけるためなのかもしれません。もちろんキングコブラはかなり頭が大きく、1回の採毒で1g(1000mg)ほど採れます。
また、逆に採毒量が少ないのは、ウミヘビが数mg~十数mg、タイワンアマガサヘビ で約5mgですが、これらの毒は神経毒で非常に強く、わずかな毒で呼吸が止まり、死亡することになります。

採毒は毒腺をかなり圧迫して毒を絞り出しているわけですが、ヘビが獲物に咬みついた時は、一咬みでは持っている毒のほんの一部しか出しません。それでも獲物や人が死んだり重症になるわけですからすごいものです。

By A.S.

venom145-2.jpg

venom155-2.jpg
セイブダイヤガラガラヘビの採毒裏話
指の太い研究員Mこと、のらです。
先にA.S.氏が書きましたが、セイブダイヤガラガラヘビの採毒を行いました。
こんなに大きくて太いヘビの毒を採る=絞り応えのある採毒というのは、指でわかる毒の残量の多さにいつも驚かされます。
その採毒の最中、私、2回ほどセイブダイヤガラガラヘビに臭腺をかけられました。。。
1度目は、右手首付近。
2度目は何と顔の右半分(右目付近)。。。
そう、飛ばしてくるのです。。。
2度目の時は、臭腺がストリームで飛んでくるのが分かり、まるで「ちょっと量が少なめだが勢いのある水鉄砲」状態。。。
目には、どうもその飛沫が1~2滴ほど入った感じはありましたが、痛みなどはなく、特にこれといった症状は無かったのです。
しかし、、、やはり字のごとく「臭い」のです。。。
それでも2時間ほどで臭みはとれましたが、、、
確かに、炭酸ガスで酸欠状態にした状態で採毒したとはいえ、途中で、力が戻ってくると、さすがに嫌なことをされているわけですから。。。そりゃ、反撃(?)しますよね。。。
ヘビにとっても自分にとっても、お互いに嫌な思いをする採毒になりました。

by のら
混浴
hime4.jpg














ちょっとわかりにくい写真ですが、4匹のヒメハブが仲良く水入れにつかっていました。

ヘビはどんなときに水に入るかというと、「暑いとき(体温を下げるため)」「ひふが乾燥し過ぎているとき」「ダニなど外部寄生虫がついているとき」「脱皮前」などです。このときは室温も上がり、暑かったのだと思います。たまたま4匹を同じケージに入れていたので、このようなほほえましい?光景を目にすることができました。頭の角度がみんなほとんど同じってのがまた笑っちゃう感じです^^。

水入れの水を交換してやると、ほとんどヘビが喜びます!
…喜んでいるかどうかはわかりませんが、かなりの確率で気持ちよさそうに水に入ってきます。でも、入っていくだけならいいですが、これまたかなりの確率で水の中にう○こをするので腹立ちます。

by 綿雲
ガラガラヘビからの採毒
大学での研究用にガラガラヘビ毒の注文があったため、セイブダイヤガラヘビから採毒をしました。ハブと違ってかなり太くて力があり、そのままでは採毒できませんので、ヘビが暴れてけがをしないように軽く麻酔をかけて行います。ハブよりも頭が大きいので、毒量が非常に多く、ハブでは1mlにも満たないのに、このガラガラヘビでは3ml以上採取できました。計量カップに膜を張り、それを咬ませて眼の後ろの毒腺を圧迫します。
攻撃する時は、2番目の写真のように口を180度近く広げて、体を伸ばして牙を打ち込んできます。そのため毒が奥深く注入されるわけです。

ハブやマムシ、ガラガラヘビなどの毒は黄色い色をしています。これはビタミンBと同じ色素が含まれているからですが、この毒を飲んでも薬にはなりません。また、コブラやマンバ、ウミヘビなどコブラ科のヘビの毒は、ほとんど透明です。ちなみにハブなどと同じ仲間のヒャッポダの毒は、なぜか白色です。
この黄色い毒液を遠心機にかけると、細胞成分等が沈殿して濁りのない黄色の毒液がとれます。それを凍結乾燥して保存します。いわゆるインスタントコーヒーの粉末の状態です。液体のままでは毒性は落ちてしまいますが、乾燥すると毒性が何年も変わらないため、長期保存が可能です。
ちなみに写真に写っているちょっと太短い指は、私ではなくM研究員です。さすがに採毒しながら写真を撮るのは危険です。

By A.S.

Catrox04-3.jpg

Catrox10-3.jpg

Catrox18-3.jpg
見間違い、聞き間違い
先日の園内での出来事2つ。
ご来園された親子のお客様との会話の中で、飼っていたアオダイショウが市販の生卵を呑んだ、という話がありました。
その中で、子供がいきなり
「ここに『なまたまご』って書いてある~~!!」
とちょっと興奮気味に、何かを発見。
場所は、採毒室の子ヘビコーナー・・・生卵を食べるヘビって、、、ここにいたっけ・・・?
そして、子供が指さす先を見てみたら・・・確かに「生」と「卵」が書いてあるパネルがありましたが・・・
順番が逆。
「卵生(らんせい)」でした。。。

そして、ついこの間のお話。
平日の「ヘビとのふれあい」の時間中。
お客様が
「これ、どkのヘビ?」
決して書き間違いじゃありません。か行のどれかの文字には当てはまるのですが、自分には、はっきり聞こえませんでした。
これまでは、多くの方が「毒のあるヘビですか?」と聞かれることが多かったので、
「いいえ、毒はありませんよ」と答えてみたのですが・・・
「いやいや、どこのヘビ?」
すみません。。。日本のアオダイショウです。。。

by のら(30代中半)
幸い無毒蛇でした
先日、とある警察から電話があり、警察官がアパートの階段にいたヘビに咬まれたということでした。マムシの捕獲依頼で警察に連絡が来ることはほとんどないようですが、住宅地でもアオダイショウは出てくることがあり、自分で対処できない人は、警察に依頼してくることがあります。市役所や保健所などに連絡してくる人もいますが、基本的には対処してくれることはほとんどありません。しかし、市によっては「すぐやる課」?というのがあって、ヘビの捕獲やハチの巣の撤去などをしてくれるところもあるようです。

沖縄の警察官は、ハブの捕獲もしなければならないので捕獲訓練をするようですが、それ以外のところではほとんどヘビを扱うことがないので、難しいようです。以前にもアオダイショウを捕獲したときに咬まれて、なかなか出血が止まらないため、もしかしてヤマカガシではないかと心配して連絡してこられました。撮られていた写真を見るとアオダイショウでしたが、大きいアオダイショウで、かなりがっぷりと咬まれたため傷が深かったようです。

いずれにしても直接手を出せば咬みついてきますので、スネークトングなどを1つ用意しておいていただくのがよいかと思います。

By A.S.
蛇川
太田市内に蛇川という川が流れています。

hriver2.jpg

hriver3.jpg












↑現在の蛇川

その名の通り、昔はそれはそれはたくさんのヘビがいたそうです。現在は護岸工事がなされてしまっていますが、昔は、土手が石垣のようになっていて、その間にヘビがたくさん詰まっていたそうです。そして河原を歩くと、足の踏み場もないくらいにヘビがうようよいたそうです。そして、ヘビの餌になるカエルや逆にヘビを狙うネコなどのたくさん見られたようです。この手の話はだいたい誇張されていることが多いのですが、でも今とくらべれば、数は多かったと思われます。
上の話は、50年近く前の話です。自分の子どものころもこの川で釣りなどをして遊びましたが、あまりヘビに出会った記憶はありません。やはりだんだんと減ってきていたのでしょうか?最近はほとんど行きませんが、さらに減っているのかも。それだけ、ヘビやカエル、その他野生動物にとって生息しにくい環境になっているということでしょうか?改めて考えさせられます。

hriver1.jpg












たしかに雰囲気はヘビがいそう。

それと先だって、小蛇川と名のついた支流があることを知りました(・。・)。地元のことでも意外に知らないことが多いもんです。

by 綿雲
新入りのウコッケイ
今年に入ってからセンター内で捕まえたウコッケイ1羽をブタと一緒に飼っているのですが、今月は警察からウコッケイが2羽来ました。一応、警察から来たものは遺失物としてしばらく飼育管理しなければなりませんが、持ち主が現れることはありません。今までにもニワトリだけでなくウサギなども何度か引き取ったことがあります。昨年は捨てられていた少し頭の毛がぬけていたフェレットも来ましたが、幸い他の動物園にもらわれていきました。

こちらに警察から一番多くやってくるのがミシシッピーアカミミガメ、いわゆるミドリガメです。このカメは帰化していて、日本のカメより多いくらいです。完全に日本に住みついているカメですので、いちいち警察に連絡されても警察も困りますし、結局最終的に引き取っているこちらも困ります。

ニワトリも1,2羽ならブタのエサを少し分けてやればすみますが、特にニワトリのためのエサを買っているわけではないので、あまり増えても大変です。
くれぐれも生き物は捨てないようにお願いします。

By A.S.
        奥の貧相な2羽が警察から来たウコッケイ
P1080123-3.jpg
ミールワーム
カメレオンのエサとしてジャイアントミールワームを与えていますが、この虫が甲虫の幼虫だということを知らないで与えている方もおられるようですので、成虫の写真をのせておきます。
ミールワームはゴミムシダマシの幼虫の総称ですが、一般にジャイアントミールワームとして販売されているのはツヤケシオオゴミムシダマシの幼虫です。エサとして与えたミールワームが残って、床敷きなどの中で成虫になることがあります。ふすまを入れた容器に入って売られていますが、時々葉っぱなどを入れておくとよく食べてくれます。この仲間は臭い液を出しますので、直接手で触らない方がよいでしょう。

By A.S.

giantmeel4-2.jpg
3つの体
3bm.jpg













3匹のブラックマンバが重なるようにして伸びてました。
なかなかの迫力!?

GW明け9日にエサを与えましたが、相変わらずがっつりとよく食べました。特にくろ丸は脱皮前にもかかわらず拒食すらしませんでした。ヘビによっては脱皮前にはエサを食べないことがあります。さすが、ブラックマンバ!
とは言っても、ブラックマンバに限らず、脱皮前でもふつうに食べるヘビの方が多いような気が自分はしてます。クサリヘビ系は食わないかな?

by 綿雲
桜坂
園内の桜坂です。
今はボタン桜坂。
bts2.jpg

bts1.jpg













この坂で記念撮影をしている来園者もいました。
今週末あたりまではきれいだと思いますが、予報だと今夜、雨が降るかもしれないので、べちゃーとしてしまうかも。世の中うまくいかん…。

付記。ケヅメリクガメが野外飼育場に放たれてます。
DSC04881afspt.jpg












by 綿雲

明日のマンバの採毒実演は・・・
ご無沙汰の、のらです。
さてさて、ゴールデンウィーク中につき、沢山のお客様がいらしゃっておりますが、
今回のイベントの目玉の一つが、ドクフキコブラの毒吹き実験とマンバの採毒実演が1日おきに行っているもの。
そのマンバの採毒ですが明日の4日と7日の残り2日間となりました。
以前も、ペット爬虫類コンテストの日と5月1日の2回を以前に行いましたが、先に書いた2回を含めると、
今回のゴールデンウィーク中には計4回のマンバの採毒実演があることになります。
ただ・・・現在、ストックルームにいるトウブグリーンマンバは3匹。
・・・1匹足りない。。。
ということで、急遽明日は、別のマンバの採毒を行います。
別のマンバといえば・・・そうです。
ブラックマンバでございます。
もちろん、日本ではマンバを飼っているのはここだけ、
しかも採毒が見られるのもここだけ、
選りに選ってブラックマンバの採毒もここでしか見られません!!
貴重なイベントですので、是非遊びにいらして下さい!!
こちらも咬まれない様に気をつけます!!

by のら
GW突入
大型連休営業中。
朝、出勤のとき車が少なくてスイスイです♪

スネークセンターもGWモード。
DSC04839bm.jpg













お待ちしてます!ブラックマンバ(横顔)より。


DSC04837gm.jpg













仲良しグリーンマンバも。


DSC04834forest.jpg

















そり立つシンリンコブラも。


DSC04838allig.jpg













ガンたれワニもいる!


DSC04836tree.jpg













野外飼育場のシマヘビ。
下ばかりではなく、上も見上げてみてください。

Welcome to Japan Snake Center!
Feel the Snake! シンリンガラガラヘビ(代表)
DSC04842forerattl.jpg













イベント情報はこちら。

by 綿雲
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.