蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
出張帰り
2ヶ月間の出張からカメレオンが帰ってきました。群馬県立自然史博物館での特別企画のためにシマヘビやアオダイショウと一緒に出張していました。いいものを食べていたので、少しきれいになって戻ってきました。行く前はコオロギは食べなくなっていて、冬の間エサはジャイアントミールワームが主体でした。博物館ではバッタを喜んで食べていたようでした。帰って来るなり、これ見よがしに大きなフンをしていました。

スネークセンターですが、カメレオンはなぜか人気があります。ヘビと同様、動きはあまりないのですが、つぶらな瞳がくるくる動いていて、ヘビに比べるとかわいく見えるようです。ヘビの目はほんのわずかしか動きませんので、比べられるとちょっと不利です。
採毒室で皆さんを待っていますので、また見学に来てください。

By A.S.
スポンサーサイト
連休に備えて
ご無沙汰の、のらでございます。
この連休中、なかなか天気も安定せず、でも沢山の方々にご来園いただきました。
実は、連休前に中国からタンビマムシが入る予定だったのですが、それに間に合わず、急遽、ヒメハブをマムシ放飼場に入れることに。
ただ入れるだけでは、ということで、先日中国に行った時にタンビマムシ飼育施設で見た、集団飼育できるマンション(?)様の棚を作りました。
60cm×90cmの板に、高さ3cmの棒を3本付け簀の子状の棚を放飼場に積み重ねて設置。
その上に断熱のため一回り大きい発砲スチロールの板をかぶせ、さらに一回り大きいビニールカーテンであめよけをし、瓦でおもりを付けました。
正直、日本のヘビに通用するのかどうか全く分かりませんでしたが、思ってた以上にそのマンションに入っていきます。
この放飼場で連休中は「ヒメハブ野外お話会」という名前でイベントを行いましたが、結構な数がマンションに入っているのを御覧になった方もいるのでは!?
個人的には、近い将来でもこのイベントを定例化したいと思っているところです。

by のら
マムシに注意!
連休の5,6日の2日間にマムシ咬症の問い合わせが3件ありました。1件は病院から、2件は咬まれた本人からでした。最近、かなり暖かくなって来ましたので、増えてくると思います。
1件はお墓の草むしりをしているときに咬まれていますので、手で草むしりをするときには、必ず棒などでヘビがいないのを確認してください。また、落ち葉などの下に隠れていると全くわかりません。

梅雨に入ると咬まれる人が減りますが、雨の後に晴れると日光浴に出てきますので、注意が必要です。

By A.S.

in leaves08-2
ヘビの拾得物
警察からヘビの写真をメールで送ってきました。落とし物として来たようですが、ボールニシキヘビの子ヘビでした。警察では外で見つかったヘビなども落とし物として拾得物係などで扱われます。以前にも書きましたが、毎年何件も連絡があり、ヘビだけでなくイグアナやオオトカゲ、ミドリガメ、ケヅメリクガメ、時にはニワトリやフェレット、モルモットなどもきます。

飼育者から引き取りの依頼も時々あります。少し前はボアコンストリクターが多かったのですが、最近ではボールニシキヘビが多くなりました。つい先日もボールニシキヘビの引き取り依頼がありました。

いずれにしても最後まで飼育してほしいと思いますし、最後まで飼育できるような動物を選んでもらえればと思います。また、ちょっとの不注意で逃げてしまいますので、とにかく気をつけてください。

By A.S.
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.