蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
サキシママダラというヘビ
 ヒメハブに続いての第2弾となります。全国各地でのフィールドワークで出会った動物を紹介したいと思います。

 今回は、サキシママダラ。このヘビは、沖縄県の中でも南の方(宮古島・石垣島・西表島・与那国島など)に分布している夜行性のヘビです。わりと何でも食べるようで、カエル・ヘビ・トカゲ・ネズミ・鳥など様々なものをエサとしていることが知られています。基本的には、横縞の模様をしていますが、島によって横縞の数がずいぶんと違います。こういった説明が、図鑑によく書かれている内容です。こんな事を、長々と書いていても面白くないので、詳しく知りたい方は図鑑を読んでみてください。

walli 01           walli 02





   宮古島産          与那国島産

 サキシママダラは、「今日はヘビなんて出ないだろう」という日でも出会うことがあります。遠征中、コンディションの悪い日(雨・風が強いなど)にあたっても、ヘビに出会わないことがほとんど無いのは、サキシママダラのおかげです。このヘビの魅力は、なんといっても他のマダラヘビの仲間とは違った動きでしょうか。余裕があるというか、バカっぽいというか、動きがよみにくいです。他のマダラヘビの仲間(アカマタ・シロマダラ・アカマダラなど)は、怒ると体をS字にくねらせ持ち上げ、一瞬で体をのばし、咬みついてくるのですが、サキシママダラはこれをしないことも多いのです。

walli 04            walli 03
 

 


   迫ってくる様子       何度も咬むサキシママダラ

 写真は、大きめのサキシママダラ(石垣島産)が、逃げるどころか、私に向かってゆっくりと近づいてくる様子を撮影したものです。私の長靴に顔を押し当てたと思ったら、口をゆっくりと開き咬みついてきました。何度も同じことをするので、攻撃なのか、餌だと思っているのか、または全く違う意味があるのか、判断できません。なんとも不思議なヘビです。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
鳴き声の主は?
園内を巡回していると、オオタカがハシブトガラスに追われながら飛んでいる姿をよくみます。「大きめの個体だし、メスかなぁ」などと思いながら、しばらく観察していることもあります。
先日、「ケッケッケ…」とオオタカ(?)の鳴き声が園内から聞えたので、少し探してみました。近くの木から聞こえるわりには、何だか小さな声なので、ちょっと怪しいなと思いながら観察していると、出てきたのはこの鳥です。なんだかわかるでしょうか?

Jay.jpgこの角度・画質ではわかりにくいかもしれません。
今回は、この写真で精一杯…。キレイな写真はまたの機会に。


この鳥はカラスの仲間で、カケスといいます。鳴きまねが上手なことで知られている鳥です。他の鳥類の鳴き声だけでなく、物音までまねするようです。どうやら今回は、オオタカの鳴き声をどこかで覚えてきて、スネークセンター内で鳴いていたようですね。近くで聞けば怪しいなと思えますが、遠くで鳴きまねされると、私には区別できないと思います。ちょっとやっかいな鳥です。

またヘビ以外の話となってしまいました…。 
次こそは、ヘビの話を書こうかと思います。

by たかちほ男爵
雨とカエル
 先日、雨がよく降った暖かい日にカエルを探しに行ってきました。予想通りたくさんのカエル達が道路に出ていました。確認できたカエルは、ヤマアカガエル・アズマヒキガエル・シュレーゲルアオガエルでした。このあたりでは、早ければ1・2月からカエルの産卵がみられるようです。

シュレ 
シュレーゲルアオガエル 
変な名前がついていますが日本のカエルです



 繁殖のため水場に移動する際には、車が多い道路を横断しなければならない場合があります。このとき、交通事故にあってしまうカエルがたくさんいるのです。残念なことに、この夜も、たくさんのカエルが車に轢かれていました。中には、お腹に卵をもったメスのカエルも…。道に出てくるカエルに気が付く人は、ほとんどいなのだろうと思います。信じられないようなスピードで走行している車も多く遭遇しました。
 私たちにすぐできることは、ゆっくりと、可能な限り轢かないように運転することでしょうか。雨で濡れた道、スピードを出して運転することは、私たち人間にとっても危険です。人間のためにも、カエルのためにもゆっくり安全運転しなければならないと思わされる夜でした。

by たかちほ男爵
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.