蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
イグアナ♂の行動
 おとなのイグアナ♂は、私や他のイグアナ、来園者の皆さんにむかって、よく頭を縦に振り、何か言いたそうな顔をしています。これは「ここは自分の場所だよ」とか、「あっち行け」とか、そんなことを言いたいのだと思います。メスに向かって頭を振る時は、ちょっと意味が違いそうで、「そっちに行こうかな」とか、「好きだよ」とかそんな感じでしょうか。これらは、オスの誇示行動(ディスプレイ)と考えられます。言葉でコミュニケーションをとることのできない彼らは、こうやって自分の言いたいこと相手に伝えます。オスがメスに向かって頭を振る時、メスが頭を振り返すこともあります。この様子は、なにやら会話をしているようにもみえるのです。12月・1月は、オスの誇示行動が普段よりも多く見られます。やはり発情期なのでしょう。

 この時期、飼育者が最も気をつけなくてはならないのは、咬みつかれないようにすること。これは、交尾する際に、メスを固定するため体を咥える行動ですが、人の腕やぬいぐるみなどにもすることがあるようです。鱗のあるイグアナの皮膚でさえ、血が出るようなケガになることもありますが、人間の皮膚はもっと弱いので、気をつけなくてはなりません。体が温まると、どうしても落ち着きがなくなる場合があります。こんな時、私は、イグアナ♂にタオルを渡しています。タオルを咥えしばらくすると、落ち着きが戻ります。写真は、タオルを咥えたイグアナ♂です。写真(右)は、私の肩にのり、オスの様子を観察するメスも一緒に写してみました。

igutao.jpg igutao2.jpg





by たかちほ男爵
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.