蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
テレビ出演
今日、日曜日18:55からのTBSの番組に当センターのヤマカガシが出演の予定です。おまけで私もちょっと写っているかもしれません。一応撮影したのは、ヤマカガシの毒で血液が固まるところとヤマカガシの頸腺の毒が出るところです。
ハブの採毒実演の時に来園者に聞くと、ヤマカガシが毒ヘビであることを知らない人も多く、また、首の部分にも毒があることを知っている人は非常に少ないです。
毎年、ヤマカガシに咬まれたという問い合わせが10件近くあります。また、棒などでヤマカガシを叩いたりしたときに頸腺の毒が飛んで目に入る事故が毎年ありますので、そのような毒もあるというのをテレビで見て、覚えておいてください。昨年も一昨年も小学生が棒で叩いて、ヤマカガシの頸部の毒が目に入る事故が起きています。

glandvenom.jpg

*追伸 番組を見たら血液が固まるところのみで、しかも一瞬でした。頸腺毒が飛ぶところは全く写っていませんでした。次回にご期待ください。
スポンサーサイト
ガラスが。。。
ハードリピーターの方は、もう気付いているのかも知れません。
実は、最近園内のとある箇所を徹底的に掃除しておりまして。
それが、展示ケージのガラスです。
園内の水は、どうも石灰分が多いらしく、水を使って掃除をすると、どうしてもウロコ(ウォータースポット)が着きやすい。
しかも、それが期待していない撥水効果を生み、温室内の温度の効果も相まって、そこにさらにウロコが出来る。。。
という悪循環を繰り返しておりました。
それが故、温室のケージがどうしても汚らしく思えてしまう。。。
どうにか解決策を!!
ということで色々と実は試していたのですが、どうも効果が上がらず、半分諦め状態でした。
もちろん、このままじゃいけません。ということで色々とリサーチした結果、
温泉施設のガラス掃除を行っている業者のホームページからホットな情報が!!
オービタルサンダー(紙やすりなどを着けて磨く、削るが出来る機械)に着けられるアルタシート(人工ダイヤモンドをコーティングしたシート)で、水をかけて少しずつ「ビュイィィィィィィィィィィ~~~~ン」と磨いていくという作業が、とても効率が良いとのこと。
「これは是非試してみたい!!」と思い、早速道具をそろえ、作業に取りかかりました。
すると、、、面白いくらいにウロコが取れていきます!!!!
オービタルサンダー掛けビフォーアフター
左が掛ける前、右が掛けた後。ここまでガラスって親水効果があったんだ!!
と思えるくらいに綺麗になりました。
園内の、大半のガラス磨きは終了しましたが、、、問題は熱帯蛇類温室のアメリカアリゲーターのケージ。
ここはまだ出来ていない箇所ですが、今度は頭を駆使して、安全に作業をしていこうと思います。

by のら(園内で、ガラス掃除業者と間違われてました)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.