蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
オオカミヘビって?
  また、ヘビネタが無いので。昔話を。皆さんは、オオカミヘビというグループをご存知でしょうか。なんとも強そうな名前ですね。日本には、サキシマバイカダというオオカミヘビの仲間が生息していますが、全く強そうな見た目はしていません。写真を見て、「マダラヘビに似ているな」と感じた方もいることでしょう。近い仲間であると考えられており、オオカミヘビ(Lycodon)とマダラヘビ(Dinodon)を同じ属として扱っている研究者もいます(※日本爬虫両棲類学会では、別属としています)。 baikada01.jpg
 
 私の研究対象種の1つであるシロマダラともよく似た色彩をしているため、見てみたいなと思っていました。沖縄(八重山諸島)に通い始めて何年かは全く見つかりませんでしたが、最近は探し方が少しわかったためか、たまに見かけます。シロマダラに見慣れていた私は、サキシマバイカダの「ひょろひょろとした体の細長さ」と「目の大きさ」に驚きました。心配になるぐらい細い。そして目が飛び出ている。そんな感覚を持った覚えがあります。baikada02.jpg

 夜行性であること、トカゲなどを食べることなどが知られていますが、生態についてはわからないことも多く、研究の進んでない種とされています。行動や生息環境をみていると、シロマダラと似たようなところもありつつ、全く違うところも多いなと感じています。こういったちょっと変わったヘビを研究対象にする人は少ないのですが、今後の研究の発展に期待したいところです。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.