蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
桜とカエル
  桜が散り始め、園内は歩道も池もいたるところがピンク色に染まっています。すごくきれいなのですが、清掃員のSさんは、仕事が大変そうです。
 カメの池も一面花びらだらけです。水面が桜で覆われているので、カメが顔を出しても気が付いてくれる人はほとんどいません。ヘビの野外放飼場の中も桜の花びらで覆われています。ふと水入れの近くを見てみると、アズマヒキガエルがいました。秋に紹介した子とは別個体です。小さめですが、体つきや顔つきをみるとオスだと思います。繁殖期らしい顔つきをしています。おそらく、このへんの繁殖はすでに終わっている頃かと思います。今年も見逃してしまいました…。学生の頃は、毎年見に行っていたのに。悔しいので、西の方にナガレヒキガエルの繁殖でも観察しにいきたいところですが、その時期はスネークセンターも忙しい時期なので休めません。こうなると、南へオオヒキガエルやミヤコヒキガエルかな。遠征のことばかり考えてしまいます。

sakura01.jpg sakura02.jpg





by たかちほ男爵


スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.