蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
取材攻勢
先月のヤマカガシによる事故の後、なぜか警察から発表があり、その後ご存知のような大騒ぎとなりました。
当然のように当研究所へのマスコミからヤマカガシやその毒、危険性などについての問い合わせや取材が相次ぎました。
日曜日で、イベントなどがあり忙しいため、夕方にテレビ局2局が取材に来ることになり、15:30からの採毒実演の担当のため、
16:30以降に再度電話をかけてもらうように事務に頼み、採毒実演から戻ってくると電話が鳴り続けました。
午後7時ころににテレビ局の取材が終わり、さらに電話での取材を受け、対応が終わったのが9時ころでした。
当然、翌日も朝から電話が鳴り続け、テレビ局2局取材を含め、1日中取材で終わりました。減ったとはいえ、1日も2日も かなりの問い合わせがありました。その合間にも病院からのマムシ咬症の問い合わせやヘビの判別依頼のメールへの返信、アメリカでペットのボアコンストリクターに襲われた事故の件での撮影(こちらは他の研究員が担当)などがありました。

この忙しさは、東京で無許可で飼育していたペットのグリーンマンバに咬まれた事件で、毒蛇51匹の押収に立ち会い、当研究所に持ってきた時以上でした。
明日3日は当センターのイベント、ふれあい体験(1泊)やガイドツアーがあり、研修生も1人くるためそれだけで忙しいのですが、どうしてもということで、昼食時間に15分間の電話取材と番組作製のための1時間のテレビ取材だけ受けました。それで終わればよいのですが。

By A.S.
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.