FC2ブログ
蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヘビ以外の爬虫類
ジャパン・スネークセンターではたくさんのヘビが展示されていますが、ヘビ以外の爬虫類も、数は少ないですが展示されています。
同じ爬虫類でも様々な違いがあり、例えば、ヘビには耳の穴が空いていませんが、トカゲは目の後ろに穴が空いています。では、カメは?ワニは……?
ぜひ、実際に見て、色々なところを比べてみてください。きっと新しい発見があると思います。

●ナイルオオトカゲ
1.5mほどになる大きなトカゲ。長い舌はヘビのように先が2つに分かれています。
DSC_7910-2.jpg






●フトアゴヒゲトカゲ
仕草が面白いので見ていてあきません。どんなポーズをしているか注目です。
DSC_7911-2.jpg






●ワニガメ
目の模様がおしゃれ。よく、口を開けて舌を動かす「ルアーリング」という行動をしています。
DSC_7912-2.jpg

By ばらぬす
スポンサーサイト
冬休み1日飼育体験2018
夏休みに1日飼育体験を開催していましたが、毎回、少数しか受け入れられないため、今年は冬休みにも開催してみました。夏休み以上のご応募があり、抽選で選ばれた3名の小学生が飼育作業に取り組んでくれました。

最近の飼育体験では、大蛇のお世話にも挑戦してもらっています。大きなキイロアナコンダの飼育部屋に入り、パイソンフック(大型のスネークフック)を使ってヘビを移動させ、デッキブラシで室内を掃除します。冬でも室内は30℃を超える中での作業はなかなか大変なものですが、とてもよく頑張ってくれました。

w1dk1.jpg  w1dk2.jpg






次回は、夏休みに飼育体験を行う予定です。お楽しみに!


by たかちほ男爵
青と黒
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、園内のヘビ達が仲良さそうにして見える写真をいくつか撮影しました。

まずは、アオダイショウ。アオダイショウにはよく知られた横縞模様のものだけでなく、縦縞模様のものもいます。この子たちは、同じお母さんから生まれた兄弟なんです。模様が違っても、全く同じポーズをして並んでいると、さすが兄弟と思ってしまいますね。
ao2.jpg





次は、ブラックマンバ。一見アオダイショウのような地味なヘビに見えますが、世界一恐れられている毒蛇です。動きも早く、人に向かってくるので非常に危険なのです。ですが、嫌がるようなことをしなければ、おとなしくじっとしています。写真は、2匹で仲良くのんびりしている様子です。こうやってみると可愛らしく見えないでしょうか。怒って口を開けているところばかりが、このヘビの魅力ではないのです。
bm2.jpg


by たかちほ男爵
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。