蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
今年最初のマムシ咬症
 最近初夏のような暖かい日もあり、ヘビが出た、マムシを捕まえたという連絡が来るようになりました。いつもの年よりはちょっと早いという感じがします。19日は曇っていてそれほど暖かいわけではありませんでしたが、病院から今年最初のマムシ咬症の連絡がありました。西日本ではなく、関東でした。子供さんが手を出したということでした。小学生は毎年のように手を出して咬まれますが、今回はもう少し小さい女の子でした。手を出して咬まれるのはみんな男の子で、女の子というのは初めてです。牙痕も1つで、あまり大きくないマムシのようでしたので、入った毒は少なかったと思います。(ただ、高齢者では牙痕が1つでも重症化することはあります。) 抗毒素を投与中だということでしたので、もちろん重症化することはありませんが、4時間で腫れは肘まで広がっていました。体が小さいので、どうしても腫れの広がりは大人より速くなってします。

 昨年は小学生が2人ヤマカガシに咬まれて重症化しています。マムシに手を出して咬まれた小学生もいました。1週間入院し、その後1週間しても完治していませんでした。必ず後悔することになりますので、わからないヘビには絶対に手を出さないようにしてください。
 今回はヘビを確認しているので対処しやすいのですが、何に咬まれたかわからないケースも非常に多く、病院での処置が遅れることもしばしばです。外で何かに咬まれたら、第1にマムシを疑ってください。これからは農作業時に咬まれるケースも増えてきます。まだ、夜は気温が下がるので、ハウス内に侵入してくることもありますので、気をつけてください。

マムシ牙11
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.