蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
食べるかな・・・?
先日、園内で、そんなに大きくもないアズマヒキガエルを捕まえました。
ヒキガエルと言えば・・・ヤマカガシのエサです!!
ちょうど、ツチノコ展にあわせ、大きなヤマカガシを第1(毒蛇)温室で展示しているのですが、産卵してしまって、お腹がそんなに大きくなっていない状態になってしまったので、お腹を大きく見せるにはちょうど良いかな?と思いまして、与えてみました。
展示しているヤマカガシと捕まえたヒキガエルの大きさの比較してみると、どことなくヒキガエルの方が食べるには大きめのような気がしたのですが、それでも食べてくれるでしょうと期待しましたら、本当に食べてくれました。
しかもやはり大好物なんでしょうね、結構反応は良かったです。
その後は、期待したとおりにお腹も大きくなって、ツチノコに近づいた感じがしたのですが・・・
でも、あくまでもエサですので、食べれば出るわけでして。
与えた翌々日、見事に糞になって出てきてしまいました。。。
体型も元通り。

それまでのお腹がふくれた状態のヤマカガシが見られた方は、ある意味、ラッキーかもしれません。

by のら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.