蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
子マムシの治療
今年生まれのマムシの治療をしています。
体重数グラム。
注射をするのも気を遣いますし、なんと言っても体重が軽いので、投与量が少ない。計算で出てくる数字を見て困ってしまいます。
ヘビという動物は、おとなのヘビでも、大型のヘビはともかく、体重が軽い種類(1kg以下)が多いので、薬によっては投与量および投与法などで苦労することもあります。

生まれたばっかりとは言え、子マムシも毒は持ってますので、治療中かまれないようにしないといけません。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。