蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
よくするな。。。
動物を飼育をすると、「餌を食べる→糞をする」という一連の過程があるわけですが、もちろんヘビも同じです。
しかし、この出し方がちょっと違う。。。(食事中の方、ごめんなさい。これからこの類の内容で書きます)

担当の中で比較的、良く出すものは、タイワンコブラ。最近は「ウ○コ大魔王」と勝手に名付けております(;^▽^A
一度の給餌につき、一度に出してくれればよいのですが、なぜか、小分けして出しています。
一度食べたら、だいたい3日後に糞として出していますが、、、その翌日、そして翌日と下手すれば4日間連続し小分けにして出したり、掃除し終わってバックヤードから出たら、すでにフレッシュなものが出ていたりしています。
以前いた種類だと、ヤマカガシがそうで、やはり「ウ○コ大魔王」でした。

反対に、なかなか出さないものもいるわけでして・・・
たとえば、ウスイロネッタイガラガラヘビがそうです。
お腹にずっとため込んでいます。
こいつは逆に「便秘大魔王」なんて勝手に呼んでいます。
しかし出す時は、一気に出すので、それは結構な量になります。
ただ幸いなことに、メチャクチャ臭いわけではないので、掃除の際には助かっていますが。。。
しかし、ここまでため込まなくても良いでしょ・・・と思うこともしばしば。

ウ○コの出し方も種類によって様々です。

by のら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.