蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
あま~い香り
朝、ヘビなどを飼育している部屋に最初に入ったときにすることがあります。

「部屋のにおいをかぐ」

このときのにおいでその部屋でその時までに起きていることがある程度わかります。

・糞のにおい
・エサを吐き戻したにおい
・ヘビが死んでしまったときのにおい
・特に何もにおわない

など。

特に強い臭気を感じなければ、一安心。。
糞のにおいは、まあOK。くさいけど・・。
でもあまりに強い臭気の糞をしてるときは、病気の可能性もあります。

そして、かなりくさい & やっかい なのが、
「吐き戻したとき」と「死んでしまったとき」のにおいです。
これらのにおいが朝一でしたときには、ガクッときます。
せっかく食べたエサを吐き戻したのでは、ヘビにとってダメージだし、治療が必要かもしれない・・。死んでしまうヘビはときどき出てしまいますが、やはりショックです。

そして本日の朝一のにおいは、「甘っとろいにおい」。
「なんだ、これは?」
系統としては、吐いたときのにおいに近い!
ブルーな気分になりつつ、冷静に部屋を見回ってみると・・・

どうやら冬の間屋内で飼育しているケヅメリクガメに与えたフルーツのにおいだったようです。
胸を撫で下ろしました。

by 綿雲





スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.