蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
あまりにも忙しかった1日
今日はあまりにも忙しく、ちょっと疲れてしまいました。

所長と事務が出張の上に研究員も休みで、さらに問い合わせなどの電話も多く、まいってしまいました。
来週、東京のテレビ局にボアを持って行くための書類を作って、群馬の保健所と東京の動物管理センターに連絡してFAXを送り、さらに郵送の用意をして、テレビ局にも書類をFaxしました。
その合間にもヘビの問い合わせがあり、その内、数件がヘビを捕ってほしいという依頼でした。もちろんその要望にはとても応えられる状況ではありません。
県内の警察からも電話があり、市民からの依頼で捕獲したアオダイショウを引き取ってほしいということでした。その後そのアオダイショウに警察官が咬まれたということで2回も電話がありました。そのヘビの件に関して新聞社からも電話があり、ヘビに関していろいろ聞かれました。警察がヘビを持ってこられ、引き取りの書類に研究所印を押していると、病院から電話があり、ヤマカガシに咬まれた患者が来たということでした。いろいろ話を聞くと、毒は入っていないようでした。
その他にメールの問い合わせに対する返信や来園者に対する「ヘビとのふれあい」など、なんとかこなしてようやく帰宅しました。夕食を食べていると、さらにマムシに咬まれた患者の件で、山梨の病院から携帯に連絡が入りました。今日は、ゆっくり夕食も取れない1日になってしまいました。

いつものことですが、なぜか仕事が多い日にはさらに仕事が増えることがあります。充実しているとはいえ、かなりあわただしい1日でした。

BY A.S.

PS:寝ていると、朝早くに携帯電話の音で目が覚めました。今度は千葉の病院からマムシ咬症患者の件で緊急電話。続く時はほんとうに続くものです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.