蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
温泉蛇
中国語で書かれた蛇の専門書を開いたところ、『温泉蛇』という文字を見つけました。チベット、四川の海抜4000m付近の高地に生息しているヘビで(Thermophis baileyi)、その名のとおり温泉のわき出ている近くで見つかることが多いようです。英名もそのまんま、Hot spring snake(keelbacks)。所長に確認したところ、蛇研には来たことないとか。所長自身も標本を中国で見ただけで生ヘビは経験ないそうです。温泉につかるかはわかりませんが、気温の低い場所なので地熱を利用している可能性が。

温泉に入りに来るヘビがいたらおもしろいな~とか思ったり。
スネークセンターも藪塚温泉にあることだし。。
もっともこっちが入浴中にヘビに入ってきてほしくないですけどね
^^。

それにしてもヘビという動物は実にいろいろな環境に適応していった動物なんだなと改めて思いました。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.