蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
1月にマムシ咬症?
昨日、携帯電話が故障したようで、突然画面に何も映らなくなりました。ただ、頻繁に携帯を使っているわけではく、また、今の時期は病院から緊急電話が入ることもないので、明日にでもショップに行って見てこようと思って、そのままにしていました
夕方、7時頃、画面は真っ暗ですが、携帯が鳴りました。一応、ボタンを押して携帯に出てみると、電話がつながりました。中国地方のある病院からで、子供がヘビをつついていたら咬まれたということでした。当然、今の時期にヘビが出ることはないので、ペットですかと尋ねたら、外でヘビに咬まれたということでした。どう考えてもあり得ないことで、そちらは暖かいのですかと聞いてしまいました。もちろん、寒いということでした。
牙痕が1つで、腫れもあり、マムシに間違いないようでした。咬まれてから9時間経っていましたが、牙痕が1つということもあり、また、検査データも悪くなっていないようで、重症化するほどの症例ではないようでした。

昨年は12月上旬まで暖かい日があり、12月でもチョウチョやトンボも飛んでいました。11月の始めまでマムシ咬症の連絡もありました。11月にマムシ咬症が起きること自体非常にまれです。
それにしても全国的に雪も降っている1月にマムシが出ることも考えられないのに、それに咬まれたということはとても信じがたいことです。さらに、携帯が故障した日に、その故障した携帯に緊急電話がかかってきたことも、何か偶然的なものを感じてしまいます。このようなことはもうないと思いますが、早速携帯を買い換えに行くことにします。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.