蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ブラックマンバの印象
こちらでは現在3匹のブラックマンバを飼育・展示しています。
知名度?やヘビの持つイメージ(猛毒・最速など)、そして比較的よく動いているためか、展示室の前で足を止める来園者が多いヘビでもあります。
実際に見た感想を聞いてみると、「こわい」などと言った先入観的な声はほとんど聞かれず、「毒蛇っぽくない」「こわそうに見えない」などが聞かれ、意外に多いのが「かっこいい」です。特にこどもたちがよくそう言っているようです。「ブラックマンバ」という名前の響きもいいからかもしれません。

たしかに、その辺(野外)にいても違和感が特にあるような感じのヘビじゃないかも。一般の方の毒蛇に対するイメージがありますからね。それとはかけ離れているってことでしょうか。

でも世話しているときにおこらせるとほんとにこわいんですよ(飼育担当者は語る・・)。

ヘビも種類や個体によって顔つき・目つきがこわく見えたり、かわいく見えたりいろいろです(目の色彩や目の上のうろこの形態などの影響で)。ブラックマンバはたしかに目などを見るとかわいい?かもしれません。ただ、よく見ると3匹とも顔つきが違うんですよ。たまたまかもしれませんが、いちばんおこりっぽい個体がいちばん目つきがこわいです。

日本でここでしか飼育されていないヘビです。生ブラックマンバを見てみませんか。どんなイメージも持つでしょう?

bkroom.jpg












by 綿雲

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.