蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ひやひやもん
きのうは新温室(熱帯蛇類温室)そうじデイ。

まずはアフリカニシキヘビのダーナちゃんの部屋。

こっちに向かってきた!(汗)
DSC04688-1-2.jpg













そして、股の下を通過していきました!(汗)
DSC04690-bm01-1.jpg













気の荒い方ですが、今回の近づきは特に襲おうとかそんな感じではなかったです。超接近なのにほとんどこちらに無関心でした。ヘビはときどきこんな行動を取ることがあります。人間をまったく警戒してないような・・。正直言うと、こちらもダーナちゃんの行動がだいたいわかるようになったので、実は今回も怖さはなかったです(少しはあったけど。)。また改めてヘビという動物がむやみに人を襲わないというのを実感しました。もちろん100%信用してるってわけではないですけど。動物を扱うときに「決めつけ」はダメ。


さて、お次はブラックマンバ!

フンを取るだけの簡単な作業でしたが、要注意(汗)。

3匹が角にまとまってました。
DSC04695-bm1.jpg














実はこのような状況は、部屋に入っていって簡単な作業をするチャンス!なんです。
ある程度入口から距離が離れていて、しかも3匹がまとまっているという状況。
バラバラになっているのはひじょうに困る・。・;

DSC04692-bm2.jpg













でもみんな警戒してましたけどね。
いちばん奥にいるのがいちばん怒りっぽいやつです。
あと1分くらい作業が長引いていたら、打ちかかってくるような雰囲気でした(汗)。


このような危険なヘビを世話するときは、限りなく100%近く自分の身の安全が保障できていなくてはいけません。それにはやはり経験と正確な知識と思いやりと正確な状況判断と調子に乗らないことが大事です(だと思います)。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.