蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
蛇川
太田市内に蛇川という川が流れています。

hriver2.jpg

hriver3.jpg












↑現在の蛇川

その名の通り、昔はそれはそれはたくさんのヘビがいたそうです。現在は護岸工事がなされてしまっていますが、昔は、土手が石垣のようになっていて、その間にヘビがたくさん詰まっていたそうです。そして河原を歩くと、足の踏み場もないくらいにヘビがうようよいたそうです。そして、ヘビの餌になるカエルや逆にヘビを狙うネコなどのたくさん見られたようです。この手の話はだいたい誇張されていることが多いのですが、でも今とくらべれば、数は多かったと思われます。
上の話は、50年近く前の話です。自分の子どものころもこの川で釣りなどをして遊びましたが、あまりヘビに出会った記憶はありません。やはりだんだんと減ってきていたのでしょうか?最近はほとんど行きませんが、さらに減っているのかも。それだけ、ヘビやカエル、その他野生動物にとって生息しにくい環境になっているということでしょうか?改めて考えさせられます。

hriver1.jpg












たしかに雰囲気はヘビがいそう。

それと先だって、小蛇川と名のついた支流があることを知りました(・。・)。地元のことでも意外に知らないことが多いもんです。

by 綿雲
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.