蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
中国マムシ飼育施設等視察旅行
8月の終わりに所長が突然亡くなり、ほぼ2週間非常に慌ただしい日を送りました。当然、仕事の引き継ぎはないため、いったいどのような仕事を受けているのかわからず、所長室の書類などを調べて連絡を取りました。
すぐ間近なものでは9月3日に高校生物部の実習、これは当研究所で講義や解剖など丸1日かけて行うものでした。5日には中学校で爬虫類の体についてヘビを中心に授業を行うもので、1日で5クラスに行う予定でした。
3日の実習は事情を説明し、延期してもらうことができました。5日の中学での授業は、1日の大雨で生徒が登校できず、その他の行事が延期されることとなったために13日に変更になりました。こちらとしてもゆっくり準備ができるため、ある意味助かりました。

このような忙しい中、6,7,8日に以前から予定されていた中国のマムシ飼育施設と研究所の視察旅行に行ってきました。本来は所長も一緒の予定でしたので、少し申し訳ない気持ちもあります。わずかな職員を残して、理事長や研究員など7人での視察です。
成田から3時間ほどで上海に着きました。10年前に南寧市の広西医科大学へ行く途中に寄ったのですが、あまりの大都市化に驚きました。今回は乗っていませんが、空港からはリニアモーターカーが都心まで延びていて、話題にもなった高速鉄道も走っていました。どちらもスピードを下げて運行されているということでした。上海市内の車の多さにも驚きで、その混雑はすごいものでした。交通ルールはあってないようなもので、頻繁にクラクションを鳴らしながら走っていました。さすがにここではとても運転できないと思いました。
初日は夕方に着いたため、2日目に2時間ほど離れている飼育施設へ行き、さらに1時間半ほど離れている研究所へ行きました。
少し長くなりましたので、続きは次回に回します。お楽しみに。

By A.S.

DSC00091-2.jpg
DSC00143-2.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.