蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
何もこんな時に・・・
今朝から、スネークセンターは降雪。
これを書いている時でも、ずいぶん落ち着いていますが、
それでもまだ、雪混じりの雨といった天気です。
この辺は、積雪することはあまりありませんが、
園内には一部積雪しやすい場所があります。
それが第2(大蛇)温室とマムシ放飼場の間の道。
今朝は、その除雪のために早めに出勤。
案の定、その場所だけ積雪。
温室のボイラーの灯油を給油する際に、
給油のトラックがスリップするといけないので、
ここだけは雪が降った場合に確実に除雪します。
その除雪作業をしている時、ふと雪の上に何かを発見。
一見、1mmほどの太さの紐のようなものが1本落ちています。
長さは1mも無いでしょう。
ちょっとくねくねとまとめて落ちている感じでした。
その時には、こんなしょーもないものをカラスか何かが持って来て
落として行ったんだろうな、
なんて思いつつ、その物体も一緒にして除雪したのですが、
その次の瞬間。。。
グニャ・・・
動いた!?
よく見たら、その物体の正体は、何とハリガネムシ。。。
しかも除雪の最中にもう1匹発見。。。
なぜこんな所にいたのか、未だに謎ですが、
真っ白い雪の上にゆっくりとグニャグニャ動くハリガネムシ。。。
すごくシュールな感じでした。

by のら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.