蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
今年最初のマムシ咬症問い合わせ
昨日、四国の病院からマムシ咬症の問い合わせがありました。今年初めてです。最近まで寒い日が続いていましたが、ようやく暖かくなり、本来ならヘビが出ていてもよい時期ですが、今年はなかなか見られません。数日前にはマムシを何匹も持って来られ、先日の日曜日にもペットボトルに1匹マムシを入れて持ってこられました。群馬でもマムシが出てきましたので、西日本ではもちろん出てきていると思います。

マムシ咬症は、群馬では5~9月に見られますが、西日本では4~10月と少し発生の期間が長くなります。これから農作業も行われるようになりますので、咬まれる危険が高くなります。今回の患者は高齢者で、しかも腫れの拡がりも速いようでした。

昨年も大人だけでなく、小学生や幼児もけっこう咬まれていますので、これからは自然公園や川岸などではあまり草むらに入らないようにしてください。

先日は他の研究員が小学校で講演をしてきましたし、5月にはある県からの依頼で自然公園管理責任者の研修に行きます。また、7月の中毒学会では毒蛇咬症について教育講演もすることになっています。その他、何件か研修や講演の依頼が入っています。こちらとしてはこのような機会が増えることはうれしいのですが、所長がいなくなって仕事がほとんど2倍になっている状態なので、少しきついものがあります。

これからヘビや咬症に関する問い合わせが増えてきます。夏には夜間にも緊急の連絡が入ることもあります。時間外には留守番電話で緊急連絡先をお知らせしていますが、以前のようには短時間でメッセージが流れません。10回ほど鳴らないとメッセージが流れませんので、切らないで少しがまんして待ってください。ただし、時間外にかけてくるのは緊急の場合だけにしてください。まれにヘビに関する質問などをしてくる方もあり、ぐっとこらえて話を聞く場合もありますが、「明日にしてください」と少し冷たくすることもありますので、その点はご了承ください。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.