蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
10日間の研修を終えて
東京の専門学校生のT.Kです。

短い期間でしたが、大きな怪我やアクシデント無く過ごせたので良かったです。
しいて一つ挙げるならば、研修初日の昼食に頂いたカップ焼きそば(特盛)を湯切りの時に流しにぶりまけてしまったことが一番のアクシデントでしょうか。本気で焦りました(苦笑)

スネークセンター内の業務はもちろんのこと、それ以外でも食事をごちそうして頂いたり、野外でのヘビ類調査に同行させて頂いたりと、業務以外の面でも、職員の皆様には大変お世話になりました。

特に野外調査のときに印象深かったことは、のらさんの動き方。
一言で表現するならハンター。無音です。
のらさんに捕獲されるヘビは直前まで気がつかずに、逃げることなくその場にじっとしていました。

今回の研修で、自分の中のヘビについての様々な間違った知識を正すことができましたし、今まで知らなかったヘビに関する知識も得ることが出来ました。10日間という非常に短い期間でしたが、その期間に得たものは非常に濃いもので、この経験は一生ものです。本物のプロ直伝ですからね!

改めて深く御礼申し上げます。
職員の皆様、本当にありがとうございました!!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.