蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
テレビ撮影
18日にテレビ撮影の協力のために、東京赤坂の某テレビ局に行ってきました。出演するわけではありませんでしたが、ヤマカガシとその毒を持って行き、ヤマカガシ毒の作用を見せるための簡単な実験をする協力をしました。

テレビ局での撮影は、特に待ち時間が長いのですが、午後7時からの撮影本番のために12時にスタジオ入りし、1時からの1回目のリハーサルでは出演者の代わりにスタッフが演技をします。4時からは中心人物以外の出演者が入ってリハーサルをしました。そして7時から本番。8時半頃には私の役割が終わり、収録は続いていましたが、帰らせてもらいました。

ヘビを運ぶために車で来ていたので、9時過ぎに出て120kmほどの道のりを飛ばして帰りました。もちろん法定速度以内で。それから研究所に寄ってヘビを置き、家に帰ったのが12時前。ほとんど高速道路で、実際には2時間もかかりませんので、あまり遠いという感じはしません。

この番組は10月から始まる番組のようですが、出演者などの名前はOKが出れば再度ここで紹介します。
番組1つ作るのはかなり大変だというのがよくわかりました。

21日には群馬県内ですが、講演をしに蛇研から70kmほどの安中市へ行きます。こちらは高速で1時間間ほど行けますし、1時間話をすればよいのですが、学会でするような講演ではないため、1時間眠くならずに聞いてもらうためには、少しはおもしろく話もしなければならないので、それが1番頭を使うところです。

By A.S.
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.