蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ミニブタとのお別れ
新年早々、さすがに死亡記事を書くのはどうかと思い控えていましたが、追悼のためにお知らせします。

4日にミニブタのブータローが亡くなりました。センターにやって来て十数年が経ちます。来たときはまだかなり小さく、野犬がまわりにうろついていたため、毎日夕方には野外飼育場から室内に入れていました。
高齢のためか最近はかなり動きも悪くなっていた。昨年の冬には風邪を引いて数日間エサも食べず苦しみましたが、それを乗り越えて元気になりました。また、夏には猛暑のために一時期食欲がかなり落ちました。それでもなんとか猛暑を乗り切りましたが、猛暑の後の厳しい寒さはさすがに老齢には厳しかったようです。

1日までエサを食べていましたが、2日にはねぐらにも帰れず外で寝込んでしまいました。3日もそのままで4日の朝には息を引き取っていました。寿命が近いのはわかっていましたが、あまりにも突然のことでした。
元々ヘビの飼育場でしたので入口はなく、かなり重い体を持ち上げて柵の上から出さなければならず、ビニールシーに乗せて男4人で持ち上げて出すのがかなり大変でした。

来園者にかわいがられ、特に子供と女性には人気がありました。ヘビばかりの施設の中にあって、来園者に安らぎを与えていたように思えます。
長年、当センターに貢献してくれたことに感謝し、哀悼の意を表したいと思います。

By A.S.

幼く、かわいかった頃のブータロー
pig1.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.