蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
研修中です。
初めまして。1週間スネークセンターで実習をしている研修生のT.Sです。
私は最初、ヘビの飼育や管理について知りたかったため研修に来たのですが、ヘビの飼育管理の他にもジャパンスネークセンターの役割の一つである毒ヘビの咬症についてもたくさん学びました。例えば、「血清は効かない」と未だに毒ヘビの血清を取り扱わない病院があることやそれぞれの毒ヘビが持つ毒の種類・作用、また咬まれた時の対処方法についても研修を通して学ぶ事が出来ました。
この他にもヘビとのふれあい実習を通して、来園者の方々とのコミュニケーションを図ることの意味を改めて感じ、自分も含めた一般の人々がどれほどヘビや毒のことについて知らないかということを痛感させられました。更に自分でパネルを作って、それをどうすれば、お客さんにわかりやすく伝えられれるかなど学芸員としての実習もさせて頂きました。
ヘビの餌としてカエルの捕獲も行い、職員さんと獲ったカエルは何と60匹でした。(笑)カエル獲りはなかなか体験できないので、無我夢中でカエルを追いかけ、獲った時には達成感があり、実習の中で貴重な時間を過ごせたことに感謝しています!
そして何より、職員さんがヘビの気持ちになりきって飼育や管理をしている姿を見て、私も将来は動物の気持ちを一番に考えられる飼育員になりたいと強く思い、これからの学校生活につなげていきたいと感じました!
また、毒ヘビの咬症、その治療について新たに興味を抱いたので、これから学んで、次は一回り大きくなって研修に来たいと思います!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.