蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
イグアナ逃走
 午後の採毒実演の前にイグアナに餌を与えようと空の容器をケージから出したときに、ケージのふたの隙間からイグアナが体を半分ケージの外の出したため中に戻そうとしたら突然逃走モードのスイッチが入って大暴れ。

 この個体は2年ほど前に外で捕獲されたのを警察から引き取りを依頼されたイグアナです。当センターに来たときは手荒く捕獲されたためか非常に警戒していて、餌を与える時に尾でパチンとはたいてきましたが、刺激しないように優しく飼っていたらかなりおとなしくなり、今では首をなでると反対側に首を曲げ、目を閉じて気持ちよさそうにしているくらいになりました。また、時々アルミケージに移して日光浴もさせていました。
 おとなしくなったと思っていた個体が突然大暴れ。体をつかんでも大暴れして持っていられない。尾はつかむと切れるためつかめない。採毒実演を待っているお客さんの前で逃がしてしまい大失態です。もちろん部屋の中なので問題ないのですが、そのままにしておくわけにもいきません。手の届かない隙間に入ったため仕方なくスネークトングで挟んで無理矢理展示ケージに戻しました。かなり慣れてきたのに、しばらくは警戒されて手を出せなくなりそうです。見ていたお客さんは少し驚かれたかもしれませんが、採毒実演前の余興としておもしろいものが見られたと思います。
By A.S.
DSC02441-3.jpg

 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.