蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
1月にマムシ咬症?
先日、マムシ咬症の問い合わせがありました。人ではなく、ネコが咬まれたということでした。本当かなと思ったのですが、鼻先を咬まれて獣医さんに行ったらしく、腫れもあり、実際にマムシも見たということでした。テレビでもよく暖冬だといっていますし、朝は冷えても昼間は春の陽気の日がよくあります。センター内の梅も咲き始め、屋外飼育場のタンビマムシが日光浴に出ていることがあります。

1月3日にも正月からアオダイショウが出ているという連絡もありました。今まで1月に野生のヘビを見た、さらにマムシに咬まれたという連絡は初めてです。もちろん夜は気温が低いので、外にいれば死んでしまいます。本来、一旦冬眠に入れば出てこないのですが、時々暖かい日があったので、完全に冬眠するような深い場所に潜らなかったため、外の影響を受けて出てきているようです。

これからは寒くなるようですが、暖かい日には日の当たる斜面で日光浴をしているマムシもいるかもしれませんので、イヌなどの散歩の時にはちょっと注意してください。

By A.S.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.