蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ぺちゃんこイグアナ
 グリーンイグアナの話をよく書きますが、その話に出てくるのは、だいたいオスのイグアナです。もう1匹、メスのイグアナもいるのですが、落ち着きがないため、部屋の中を自由に散歩させることも無ければ、イベントに出てもらうことも無いため、あまり裏話に登場しないのです。

 今日は、いつも登場していないメスのイグアナのお話し。私には、冬ごろから心配なことがありました。このメスのイグアナは、とにかくよく食べる個体だったのです。オスのイグアナの2倍もの量をペロリと食べてしまいます。しかし、このメスのイグアナは、だんだんと食べなくなり、ついに全く餌を食べなくなりました。ちょうどその頃から、ケージの底をよく掘るようになったのです。ここで、考えるのは産卵の兆候ではないかということ。卵を持ったメスでは、こういった拒食や穴掘りがみられます。グリーンイグアナのメスは、卵をうまく産むことができずに死んでしまうことがあるので、この2か月ほどずっと心配していたのです。

土イグアナ 
穴掘り後、頭に土をのせたまま、産卵箱から出てきた様子
なかなかのバランス感覚です(笑)




 このメスですが、なんとか無事に産卵してくれました。写真(↓)は、産卵前(左)と産卵後(右)のグリーンイグアナのメスです。もちろん同じ個体ですが、体格がまったく違って見えますよね。産卵前のお腹はパンパンです。産卵後にはしわがより、ぺちゃんこにみえます。これはこれで、心配してしまいますが、餌は食べてくれるようになったので一安心でしょうか。

イグアナ産卵





 しばらくは栄養をつけてもらい、体格を戻してもらいたいと思います。その後は、このメスもイベントに参加してもらえるよう、ご機嫌をとりながらトレーニングしてみます。

by たかちほ男爵

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.