蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
ぺちゃんこイグアナのその後
メスのイグアナの産卵から1か月以上が過ぎました。エサも問題なく食べ、ぺちゃんこだった体も、だいぶ戻ってきました。あいかわらず、元気なおてんばちゃんです。スネークセンターには他にもトカゲの仲間がいますが、ジャンプして抱っこにくるトカゲはこの子だけです(笑)。だいぶ人への恐怖心が無くなったためでしょうか。

イグアナジャンプ
ジャンプの直前の写真。その後、しばらく肩にのっていますが、お気に入りの場所へ連れていくとジャンプで飛び移ります。


グリーンイグアナを飼育されている方の中には、「人を覚える」、「飼い主がわかる」などという方がいます。非科学的なことはあまり信じない私ですが、イグアナの世話をしていると確かにそうかもなぁっと思う瞬間がよくあるのです。例えば、来園者の方にガラス越しに近づかれても、私が直接触ってもおとなしくしている、このメスのイグアナですが、ある研究員が近づくと目つきがかわります。明らかに嫌な顔をし、威嚇の態勢になることもあるのです。これをみると、確かに嫌いな人はいるのだなと思います。つまり、人を“何か”で認識していると言ってもいいような気がしてしまうのです。

あまり好き嫌いせず、どんな人の前でもおとなしくしていられる子になってもらいたいものです。

採毒室イグアナ1      採毒室イグアナ2





最近は2匹で、皆さんをお出迎えしていることもあります。見られるとラッキー‼

by たかちほ男爵



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.