蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
一週間の研修を終えて
私は福岡の専門学校からこちらのジャパンスネークセンター様に研修に参りました。

ただヘビが好きなだけでヘビについての知識も乏しく、当初は右往左往することも多かったのですが、職員の方に沢山のことを教えていただき、三日目にはイベントの1つであるヘビとのふれあいを任せていただけるようにもなりました。そして、ヘビの飼育・管理方法や生態、学術的なところだけではなく、ヘビに咬まれた際の正しい応急処置や判別方法、各ヘビごとの症状、被害状況なども資料とともに詳しく教えていただき、自分の知識の1つにすることもできました。また、この一週間でヘビの魅力を再確認するとともに、ヘビの繊細な面やその飼育の難しさ、種によっては危険があることなども理解することができました。そして何よりヘビの奥深さを、知りました。実際に生体をを管理することで経験が、沢山のお話を伺うことで正しい知識が身につき、当初の私とは比べものにならないほどに大きく成長できたと思っています。

学んだことは、ヘビについてだけではありません。ふれあいをすることによってお客様への接し方、採毒実演やヘビのお食事タイムを拝見することによりその説明のしかたなども学びました。特に採毒実演とヘビとのふれあいでは、職員の方のそれぞれやり方を拝見することができ、大変参考になりました。また、展示場や飼育ケージを清掃することによって掃除道具の正しい使い方や効率のいい清掃方法なども知りました。掃除道具だけでなく、ヘビを飼育管理するための道具の使い方も学びました。例えば、スネークフック。私はヘビを飼ったことがないため、スネークフックを使うどころか握ったことすらありませんでした。しかし、何度か使わせていただいているうちに、まだまだ下手ではありますが何とか、何とか使えるようになりました。

この一週間はとても濃くて、あっという間の一週間でした。知らないことばかりで、沢山のことを教えていただいた上にいろいろなことに挑戦もさせていただき、本当に毎日が勉強でした。

一週間という短い間でしたが、お忙しい中、研修を受け入れ、素人同然な研修生に貴重なお時間を割いていただいたこと、心から感謝いたします。ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、研修お疲れ様でした。

ケージの清掃やヘビとのふれあいなど、よく頑張ってくれましたね。
特に、爬虫類ふれあい体験教室では安心してヘビを任せられ、とても助かりました。

またいつでも遊びにきてください。
2016/07/11
(月) 13:00:21 | URL | たかちほ男爵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.