蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
涼しい場所へ
休みを利用して東京に行ってきました。東京とはいっても、街中ではありません。東京にも、まだ豊かな自然が残っている場所もあるのです。今日は、東京でのフィールドワークのお話しです。

7月上旬、東京都某所、ある動物を探しに山に入りました。もう群馬では30℃を上回る毎日ですが、この山は昼間でも23℃と、とても涼しく、過ごしやすい温度でした。山に入ったとは言っても、登山道や尾根を歩くことはあまりしません。私たちが歩くのは水場です。やはり、生きものがよくいるような場所でないと、登っていて飽きてしまいます。さて、しばらく水場でうろうろしていると、見つけました!ハコネサンショウウオ!これは子ども(幼生)です。ちょっと可愛らしい顔をしています。そして、もう1種、まともな写真も撮っていませんが、ヒダサンショウウオです。どちらも、自然豊かな環境ではたくさん見つかることもあります。

hakone.jpg    hida.jpg





ハコネサンショウウオ(左)    ヒダサンショウウオ(右)

水場から離れ、ちょっとだけ登山道も歩いてみました。やはり、ヘビをやっている人間としては、ヘビがいそうな場所があると、すぐ覗き込んでしまいます。予想通りいました、ヤマカガシ。群馬の個体よりも赤が綺麗な印象です。そして、ジムグリ。この場所では、濃い茶色をした個体が何個体か見つかりました。幼蛇はどんな色をしているのだろうと気になってしまいます。ヘビはこの2種類。ちょっと高い山にいる2種が見つかった印象です。

本当は、ハコネサンショウウオの成体を探しに行ったのですが、この場所での繁殖時期はちょっと違ったようです。この時期、私のいた山梨では、あちこちで成体が見つかる生息地もあります。まぁ、ヘビもたくさん見られたし、子どもでしたが、サンショウウオも2種類見られたし、よしとしておきましょう。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.