蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
「ヘビとのふれあい体験」展示 その①
 遅くなってしまいましたが、「ヘビとのふれあい体験」で作成してもらった飼育展示ケージを紹介していきたいと思います。今日は、1班・2班の作品です。

 1班の選んだ種類は、コーンスネークです。タイトルは「トウモロコシ畑の王」。この班のケージの特徴は、土が多く使われている所です。コーンスネークはよく土に潜るようで、この特徴に気が付いた1班の作った説明板には、そのことがしっかり書かれています。動物の行動をよく観察していることに、とても感心しました。土から顔を出している様子は、来園者の皆さんに人気があります。
P8230552.jpg






 2班はボールニシキヘビを選びました。タイトルは「がんじょうなボールニシキヘビの部屋」。このケージは、奥行きを意識した展示となっており、前は低く、奥は高くなっています。つまり、ヘビが奥に行っても見やすいように工夫されているのです。また、隠れ家の位置の調整を頑張っている様子が印象的でした。見やすくなるように何度も試行錯誤しながら配置した隠れ家に、ボールニシキヘビはいつも安心した様子で入っています。
ボール





 先日、この1班・2班でケージ作りを頑張ってくれたM兄弟が、再び来園してくれました。イベントの際の写真をいただき、「また来年も来ます」と言ってくれたこと、とても嬉しく感じました。写真は、大切に部屋に飾っています。

by たかちほ男爵

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.