蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
「ヘビとのふれあい体験」展示 その②
続いて、3班・4班の作品です。

 3班は、アオダイショウです。タイトルは「ネイチャーボックス」。見た目の派手な外国産の動物の方が人気のことも多いですが、この班は日本のヘビを選んでくれました。アオダイショウが木に登ることを知っていた班員の意見から、見やすい位置に木が配置されています。また、隠れ家もうまく配置されており、ヘビが隠れて全く見えなくなるのではなく、顔や体の一部が見えるようになっています。年に3回もスネークセンターに来てくれている班員がいると、動物の動きをよく考えた展示ができるのかもしれません。感心しました。

ao.jpg





 4班は、ヘビではなくトカゲを選びました。グリーンイグアナです!タイトルは「イグアナBOX」。体も大きく、力も強いトカゲなので、ケージ作りは少し難しいのです。4班は、登り木の配置にとても苦労していました。イグアナが登っても安全なケージを目指し、試行錯誤する姿をよく覚えています。完成したケージは、登り木も全くグラグラせずとても安全なものに仕上がっていました。とても良い出来です。いろいろとブレンドしてくれた土も気に入っているようで、夜は木から降り、安心した様子で眠っていますよ。

igu_201609041353412d7.jpg






 これら1~4班の作品は、9月中旬まで採毒室にて展示予定ですので、是非ご覧ください。

by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.