蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
モロヘイヤを利用する動物
  だんだん涼しくなってきましたね。イグアナのエサのために育てていたモロヘイヤも、そろそろ終わりの時期が近づいてきました。8月ごろから黄色い花が咲き、最近は、種子もでき始めています。
もろしゅし まめこがねもろ







  このモロヘイヤ、とても丈夫に育ってくれましたが、虫食いにも遭いました。いつの間にか葉に穴が開いているなと、よく観察してみると、綺麗なコガネムシがついていました。「マメコガネ」という種ですが、さまざまな種の葉を食べるようで、農業をされている方にとっては害虫として扱われています。マメコガネは、もともと日本に棲んでいる種ですので、日本では在来種ですが、北アメリカでは外来種として分布しています。

  マメコガネの他にも、モロヘイヤ畑で暮らしている動物はたくさんいますが、中でもアマガエルはよく見つかります。モロヘイヤの葉にピタッとはりついて休んでいます。太陽の向きによってモロヘイヤも葉の向きが変わりますが、それでもじっとしているアマガエルは可愛らしいものです。それからこの糞のようなもの。よく観察してみるとゾウムシでした。しっかり調べていませんが、オジロアシナガゾウムシかな?と思います。虫に詳しい方、よかったら種類を教えてください。

あまもろ ぞうむし





by たかちほ男爵
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなってしまいましたが、同定ありがとうございます。

また来年も、モロヘイヤ畑をやる予定なので、面白い生物を見つけた際には、写真をアップしたいと思います。

2016/12/10
(土) 11:09:27 | URL | たかちほ男爵 #M/EAJn/Y[ 編集]
オジロアシナガゾウムシかアシナガオニゾウムシだと思います。
2016/11/17
(木) 22:20:39 | URL | 名称未入力 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.