蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
研修を終えて
二週間、こちらで研修をさせていただいた専門学生です。
私はヘビに興味があり、普段扱うことのある無毒ヘビだけでなく毒へビのことについても色々知りたいと思い、実習先としてスネークセンターを選びました。
実習でやらせていただいた仕事は主に無毒ヘビのケージの掃除や餌やりなどの基本的な飼育から実際に自分もお客さんの前に立ち、採毒実演やヘビのお食事の説明をしました。
私は人前で話すことがあまり得意な方ではないのでしっかりお客さんに説明出来るか不安でした。見に来る人の年齢層も様々なので小さい子供にも理解出来るようになるべく難しい言葉を使わないようにしたり、常にお客さんの立場になって考え、ヘビに関する知識を上手く分かりやすいように説明するのは意外と難しく、自分の力不足を実感しました。お客さんに説明するには自分もヘビに関することをしっかり理解しなければなりません。ヘビが好きというだけでヘビのことについて知らなかったことが沢山あり、お客さんに説明することを通じてさらに多くのことを学びました。
ヘビとのふれあいの時にはお客さんと接することもありました。初めてヘビを触る方が多く、色々な反応を見ることが出来ました。「冷たい」や「硬い」という感想が多く、「貴重な体験が出来た」と言ってくださった方がいたり、小さい男の子はヘビに興味を持ち、気に入った様子でした。
普段関わることの少ないヘビとふれあったことをきっかけに興味を持ってくれた方が沢山いて嬉しかったです。
他に私が実習でやらせていただいたことはオオアナコンダの部屋掃除です。私も一度だけスネークフックを使い、オオアナコンダを移動させてみましたが、体が大きくとても重いのでとても大変でした。ですが大変なのは重いことだけではなく、攻撃的でなかなか思うように動いてくれないオオアナコンダを暑い部屋の中で移動させたり、掃除をするのは重労働です。私が実習に行っている時はそれほど暑さの厳しい日ではありませんでしたが、掃除が終わった後は汗だくでした。ここの仕事の厳しさを身をもって体験しました。
二週間という長いようで短い研修期間で色々なことを経験させてもらい、ヘビへの興味がさらに深まりました。これからも自分で本などを読み、ヘビのことをもっと知りたいと思います。そして今回の研修で学んだことは忘れずに覚えておきます。
研修中は沢山のことを教えていただきありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.