蛇研裏話
(一財)日本蛇族学術研究所のスタッフが書きまくる、表からは見えない面白話を更新中!!
赤いマダラ? アカマダラ
 先月の初めに、シロマダラについて書きました。問い合わせが多くなる時期だろうなと思っていたのですが、まったく問い合わせがありません。裏話の効果でしょうか(笑)。
 さて、今回も全国各地でのフィールドワークで出会った動物を紹介したいと思います。4回目ですね。

 白黒のマダラヘビは、シロマダラですが、日本には赤黒のマダラヘビも棲んでいます。それがアカマダラです。以前紹介した、サキシママダラとは亜種関係にあります。アカマダラは、日本では対馬・尖閣諸島に棲んでいる種ですが、日本以外にも朝鮮・中国・台湾などに分布しています。シロマダラは主に爬虫類を食べますが、アカマダラは爬虫類だけでなく、カエルや小型哺乳類まで食べてしまいます。
akamada.jpg tushimamu.jpg





アカマダラ(左)、ツシママムシ(右)

 尖閣諸島には行けませんが、対馬に行くとこのヘビに出会うことができます。だいぶ前になりますが、私も対馬にアカマダラを見に行ったことがあります。気温が低すぎてあまり多くは見つけられませんでしたが、路上にも普通にいました。体を持ち上げて威嚇する様子はやはりマダラヘビです。中国のものと比べると、とても発色の良い赤色をしています。アカマダラを探していると、よく見つかるのは、ツシママムシです。むしろこっちのほうがよく見つかると思います。いい時期に、何日か対馬でフィールドワークをしていれば、100匹ぐらいは出会うのではないでしょうか。本当に密度が高いので、対馬に行く機会のある方は、十分に注意してくださいね。

by たかちほ男爵

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.